トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗嬢を悩ませる通風

風俗嬢を悩ませる通風

高額収入をゲットすると、ついつい食生活が派手になってきます。
また、お客さんと一緒に食事をする機会も多いために、通風になる人が増えているのです。
風俗嬢にしのびよる通風とは一体どういうものなのでしょうか?

通風とは?

通風とは、尿酸が体内に蓄積されることにより痛風発作を引き起こします。
初期症状として、足の付け根や関節の親指あたりが赤く腫れ上がり、どうにも我慢できないほど激痛に見舞われます。
その激痛は2~3日続いたりしますが、その後はだんだんと痛みが和らいでいきます。
10日もすれば痛みは全くなくなります。
現代の代表的な生活習慣病と言われていますが、その理由は、食生活によるものだからです。
プリン体が多く含まれている食事を摂取することで発症します。
プリン体は、体内で尿酸へと変わる物質で鶏レバーや白子やあんこう肝などに多く含まれ、ビールや紹興酒などにも含まれています。

通風の前兆ってあるの??

通風の発作は、突然と言われていますが、人によっては前兆が見られる場合もあるようです。
症状は、足の付け根に出ることがほとんどなのですが、人によっては関節に痛みを感じたり、熱をもった感じがしたりします。また、チリチリ、ムズムズして違和感を感じる人も。
そのような人は、コルヒチンを1錠飲むことで症状を軽減することができます。
ただ、通風症状がでてしまったら、この薬はほとんど効果がないので注意しましょう。
まずは、前兆を感じたら早めに受診することが重要です。

風俗嬢が通風にならないためには

通風は、もっとも食事の管理が重要になってきます。お客さんと外食をする上で心がけたいのは、尿酸値の低い食事を選ぶこと。尿酸値の低い食べ物は、お豆腐やひじきや昆布などの海草類です。
外食するお店は、焼肉屋やお寿司屋など選びがちなので、レバーや魚の卵、白子などは
避けるようにして体調管理していきましょう。また、お酒を飲みすぎにも注意しなければなりません。
尿酸値の高い食生活を送っていると、いつ通風の発作になってもおかしくありません。
毎日の食生活のどこかで尿酸値を下げるにんにくや野菜、海草などを積極的に食べるようにして 通風にならないようにしましょう。
そして、仕事を沢山いれているときや精神的ストレスを強く感じているとき、激しい運動をしたとき、暴飲暴食をしたり、体を冷やしたりしても通風発作を引き起こしやすくなるようです。
このような原因をみても、風俗嬢に通風が多いのも納得ですね。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP