トップページ > 広島風俗特集記事 > なるのは風俗嬢だけじゃない、カンジダってどういう病気なの?

なるのは風俗嬢だけじゃない、カンジダってどういう病気なの?

膣内の病気と言うと、風俗の仕事をしている女性にしかほとんどないと思う人が大半だと思いますが、膣カンジダはなんと約20%の女性が経験済みの、女性にとってはわりと身近な性病です。
膣の中のカンジダ菌が増え、痒みや普段とは違うおりものなど、下腹部にとても不快な症状が出ます。
カンジダ菌は普通の女性にも膣内だけでなく、皮膚や口内、消化管などに存在する、いわゆる常在菌です。
その常在菌が免疫力を低下させるストレスや風邪、ホルモンバランスの変化などが原因で膣内で増え、発症してしまいます。

膣カンジダの主な症状って?

カンジダの主な症状は、 膣内・その周りの痒み
膣内が熱を持っているかのような熱さ、痛み
膣周りの発疹や、真っ赤になる症状
ねばり気、チーズのようなパラパラ感、白みのあるおりものが出る
セックス時・排尿時の痛み

が挙げられます。
もしかしてカンジダなのかな?と思うのは、おりもので察する人が多いです。

膣カンジダの発症の原因って?

カンジダの発症は、セックスが原因というわけではないのです。
主な原因は上記にも記した通り、免疫力を低下させるストレスや風邪、ホルモンバランスの変化などが一番の原因です。
一度なってしまったら再発しやすい病気で、妊娠やHIVウイルスの感染、生理前のホルモンバランスの変化、糖尿病などから再び発症する可能性が高いです。
下着の汚れや生理中のナプキンを使い続けすぎることなどからも膣カンジダになりやすいため、身につけるものは常に清潔にしておくことが大切です。

膣カンジダの予防方法は?

まずは食生活や寝不足など、日頃の習慣を見直すのが一番です。
そして、カンジダ菌は湿り気や温かみを好むため、まずは膣周辺や膣内部を蒸らさず、清潔にすることが大事です。
生理中のナプキンを紙ナプキンから布ナプキンに変えたり、おりものシートをあまり使わない、など、清潔感とこまめさを大切にしましょう。
排尿した後の拭きかたを後ろから前ではなく、前から後ろに変えることもカンジダ菌の予防に繋がります。
ココナッツオイルやにんにくなど、食事においてもカンジダを予防できるものがあります。
膣の病気だから、綺麗にしなければ…と思い、むやみやたらに洗浄するのは逆効果です。
寧ろ、膣カンジダを悪化させる原因にもなってしまうので、内部洗浄のやりすぎには注意が必要です。
細かいことから少しずつ予防し、カンジダを発症・再発させないよう気をつけましょう。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP