トップページ > 広島風俗特集記事 > クラミジアの感染経路を把握しよう

クラミジアの感染経路を把握しよう

クラミジアは日本の性病の中で感染率が最も多く、特に10代後半から20代にかけ感染者が急増しています。
粘膜に感染する菌であり、女性の場合放っておくと不妊症や子宮外妊娠、卵管炎になる危険性があります。
また、咽頭炎、扁桃腺炎になる可能性もあります。
クラミジアの感染経路を知って、少しでも感染を防ぎましょう。

症状を知ろう

女性はおりもののの増加や不正出血、下腹部、性交時の痛みを生じます。
咽頭(のど)に菌が感染した場合は、発熱やのどの腫れや痛みが伴います。
男性の場合は、尿道から少量の膿みが出るほか、軽い排尿通やかゆみなどの不快感、精巣上体に腫れが現れます。
どちらも症状が出るまで一週間から三週間かかり、症状が出ない人もいます。

性行為で感染経路

クラミジアはあらゆる性行為で広がっていきます。
感染者とのキスやオーラルセックスでのどに移り、ゴムなしでの挿入で粘膜同士が接触することで精液、膣分泌液を介して感染するのです。
また、クラミジアの症状が出るのが遅いため、感染したことに気づかぬまま性行為をしてしまうため、感染はさらに拡大していきます。 クラミジアの感染から身を守るには、コンドームの着用が一番の予防になります。

性病検査ってどんなことするの?

女性は婦人科、性病科、男性は泌尿器科、性病科を受診してください。
咽頭感染の場合は、耳鼻咽喉科へ行きましょう。
耳鼻咽頭科は、性病検査に対応していないところもあるので、受診する前によく確認してください。
費用はだいたい3,000〜5,000円になります。
性病検査は感染した可能性のある日から2〜3日が経っていればできます。
女性は子宮頸管からの分泌物を、男性は出始めの尿(初尿)を採取し検査を行います。
咽頭の場合はうがい液やぬぐい液などで調べます。
診察後、処方される薬を3日〜2週間ほど内服し、再度検査を受けて菌が発見されなければ完治となります。
再度見つかった場合は、引き続き治療続行ですので薬や診察をさぼるようなことはしないようにしましょう。

感染しないためにも

風俗は性病の危険と隣合わせです。
最近は性病対策に力を入れている店舗が増えてきているため、定期的に性病検査を行うところや、コンドーム着用を義務づける店が増えてきはいます。
ですが、本番行為のあるソープはゴムなしでのサービスが基本の店が大半を占めるため、どうしても性病に感染するリスクは高まります。
性病にかかったまま放置することは危険で、クラミジアは感染しているとHIVにかかる危険性が5倍に高まります。
自分の身を守るためにも、早期発見、治療をすることが大切です。
広島風俗求人サポートでは、性病対策が万全な広島山口エリアのお店をご紹介できますので、遠慮なくお申し付けください。
安全に稼ぐためにも少しでもリスクを減らしましょう。
ご連絡お待ちしております。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP