トップページ > 広島風俗特集記事 > 「隠す」がストレスになる

「隠す」がストレスになる

風俗のお仕事をしていて一番辛いのが、お仕事の内容より「誰にも言えない」「言いづらい」ということだと思います。
知人バレが怖くて風俗で働いていることを誰にも言えないこと
身近な人にも隠さなければならないということが一番のストレスになります。
家族をはじめ恋人、仲の良い友達にも言うことはできませんよね。
これは殆どの人に当てはまることなのではないでしょうか?
嫌厭されたり、これまで築いてきた人間関係が崩れるのを恐れてしまうからでしょう。

「嘘をつく心苦しさ」

友達との会話の中で
「アルバイトをしてるの?」
「今日はなにしてたの?」
などと聞かれても絶対に言えません。
世渡り上手な人は嘘を上手く駆使しながらその場を逃れることはできるのでしょうが、嘘をつくことが苦手な人はこの上なく苦痛に感じるはずです。
友達にアルバイトの職種を聞かれたときに「居酒屋で働いている」などとごまかす女の子が多くいるようです。
「アルバイトはしてない」と嘘をつくのも自分の頑張りを否定しているようでなんだか心苦しいですよね。

「「バレたくない」気持ちから人との関わりを遠ざける?」

風俗のお仕事をしていることを隠すことから無意識に他人との関わりを避けてしまうということも充分考えられます。
アルバイトであった楽しい出来事、お仕事のグチなどを共有できないとモチベーションも上がりません。
知人バレしてしまうという不安から友達を遠ざけていては、誰でも心が落ち着かないはず…。

「風俗のお仕事に誇りをもつこと」

風俗は需要があってからこそのお仕事です。
日本の性性犯罪が諸外国と比べて少ないのは風俗店の存在があるからといっても過言ではありません。
人の約に立っているということは他のお仕事と全く変わりません。
知人に公言できるお仕事ではありませんが、決して悲観することはありません。
すぐにはカミングアウトできなくても、いずれ誰かに話したときに受け止めてくれる人がいるはずです。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP