トップページ > 広島風俗特集記事 > 魅力的なモテ声をキープ!

魅力的なモテ声をキープ!

歌舞伎俳優である坂東玉三郎さんが、最近出演した番組でこんなことを語っていたそうです。
「魅力的な声を保てるよう、ボイストレーニングをしています。放っておくと“オバさん声”になってしまうので……」。
女形を長く演じ続ける坂東さんにとって、魅力的な若々しい声を保つことはプロとしての使命のようです。
女性においても、例えば地元広島で男性の相手をする時、魅力的な声の持ち主であれば「広島にこんな素敵な女性がいたのか」と少しでも思ってもらえたら女性としての武器になりますよね。
接客のプロとしての自覚を持つことも大切なのです。
そして注目したいのは、声にもアンチエイジング法があるという事実。 歳をとると、若い頃よりなんだかガラガラで、ざらざらした低めの声になっていきがち、ということは、皆さんもなんとなくご存知かと思います。
「飲み明けの朝、起きたら声がガラガラになっていて心配になる(その声が地声になりそうで)」なんて意見も耳にします。

声が加齢する理由と、「魅力的な若々しい声の保ち方」についてご紹介します。

「魅力的な声」と思われやすいのは、一般的にどんな声?

一般的には、女性は「低音が響く落ち着いた男性の声」に、男性は「高音域がきれいに響く明るい女性の声」に惹かれるのではないかと思います。
もちろん個人の好みにもよりけりなので、一概には言えませんが。
お国柄も関係あるようです。
欧米や韓国の映画などを観ていると、低い声の女優さんが印象的です。
日本は海外に比べると、「明るく可愛いらしい声」が好かれる傾向が強いと言えるかもしれません。

歳をとると、「高い声」が出にくくなるというのは本当?

本当です。加齢による声帯の変化が原因です。
女性の場合、女性ホルモンの分泌が低下し、声帯も男性化して太くなりがちなのです。
逆に男性は声帯が痩せて細くなることで、声が高くなるケースもあります。
また、男女とも表情筋(頬筋)が衰えることで口角が下がり、鼻腔が響きにくくなることも、高音域が出しづらくなる原因のひとつです。

加齢と共に「ざらざらした、潤いのない声」になってしまう人もいます

これは長年、声帯を使い続けることで声帯に傷がついたり、加齢によって声帯の潤いが低下したりすることで、声帯が滑らかに震えなくなるのが原因です。
声帯まわりの筋肉の衰えにより、声帯がうまく振動しなくなることも一因に考えられます。

ホルモン分泌や筋力の低下、声帯の劣化などが原因なのです。

できるだけ魅力的な声を保つ為に効果的な発声法、トレーニング法

では、魅力的な声を維持するための方法をご紹介します。
声を出すときに「口角」が上がっていると、声の響きが明るく、若々しい印象の声になります。
口角を上げるためには、頬筋を使ってしっかりと頬を引き上げることが大事。

鏡を見て、頬の筋肉を思いきり引き上げ、口角が最大限に上がっていることを確認しながら、「あ、イ~ン」と言います。
「イ~ン」の部分は、ハミングする時のように、鼻まわりに声が響くように発声するのがポイントです。
一日10回程度行ってみましょう。

日常生活で心がけること

以下の4項目をおすすめします。
1.声帯の劣化をできるだけ防ぐため、喉を「乾燥」させないこと。水分補給や、加湿器、マスクなどで乾燥を防ぐ。
2.口角が下がらないよう、いつも笑顔を心がける。
3.睡眠時間を確保する、できるだけ深い呼吸をするなど、ごく普通の健康的な生活を心がける。
4.お酒を飲んだら、大きな声で歌ったり、叫んだりしない。
お肌だけでなく、喉にも「乾燥」や「不規則な生活」は大敵、なのです。
口角が下がらないよう心がけていれば、自然と笑顔も増えるし、声だけでなく表情も魅力的に見えて一石二鳥です!

まとめ

どんなに外見が若々しく素敵でも、話す声がガラガラで艶のない「オバさん声」では一気に魅力が損なわれてしまいます。 

日常生活の心がけや簡単なボイトレで、ぜひ素敵な声を長くキープしていきましょう。
広島男性に魅力ボイスを発揮しましょう。 魅力的な声を武器に広島で稼げる女性になれるはずです。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP