トップページ > 広島風俗特集記事 > いかない人は2割以下!お花見事情!

いかない人は2割以下!お花見事情!

いかない人は2割以下!お花見事情!

桜の開花を迎えた地域はかなり増えました。
広島でもお花見スポットはたくさんありますがみなさんはもうお花見をしましたか?
しかしそろそろ桜も散り始めている頃…せっかくならば日本の風物詩であるお花見はしておきたいものです。
20歳~69歳までの男女1,199人を対象に行った「お花見」に関するWEBアンケート調査の結果から、

お花見事情をご紹介します。

お花見に行く人は超多数派と判明!

お花見に行く人は一体どのくらいいるのでしょうか。
調査によると、なんと8割以上の人がお花見に行くことが判明!
一緒に行くメンバーは、
1位 「家族」(55.1%)
2位 「友人・知人」(31.9%)
3位 「会社・仕事の同僚たち」(16.0%)
となりました。

休日には家族で楽しみ職場でも同僚たちと楽しむ、などのように何度もお花見を楽しむ人も多いようです。
8割以上の人がお花見を楽しんでいるということは、日本人にとって桜が特別であることを思い知らされますね。
行かない派はかなり少数派のようです。

花より団子(酒)!? みんなのお花見の楽しみ方とは

また、気になるのが「本当に桜を楽しんでいるのか!?」というところです。
お花見の楽しみ方について「ゆっくり桜を鑑賞する」と「お酒を飲みながら宴会をする」のどちらが好きかの調査の結果結果、なんと「ゆっくり桜を鑑賞する」の方が多く、63.0%という回答に。
全体をみると、「お酒を飲みながら宴会をする」方が重要だと考えている人は37%と意外に少ない結果となりました。
一方、男女別で見ると、女性の「ゆっくり桜を鑑賞する」派が71.4%だったのに対し、男性は55.9%。しっかりと桜を観賞する派は半数を超えたものの、 男性の場合は「お酒を飲みながら宴会をする」派の割合がやはり高いようです。
男性には「お花見の醍醐味はお酒を交えながらのコミュニケーションにある」
と考える人が多い傾向にありますね。

やはり日本人はお花見が大好き

「お花見の好きなところ」に対して、 「桜がきれいだから」が最も多くの票を集め、これに「春を実感できるから」(60.5%)、「友人や仲間と集まる良い機会だから」(28.2%)が続きました。
とりわけ男性は「お酒を飲めるから」(22.8%)が女性(9.3%)よりも多い傾向も判明。
やはり男性にとっては花見の席にお酒は欠かせない要素なのかもしれません。

まとめ

いずれにせよ、春の風物詩を友人や仲間、家族と楽しんでいる人が多いと判明。
皆で笑顔になれる絶好のチャンスですが、観賞期間には限りがあります!
まだという人はお急ぎください!
また、広島市内エリアガイドにてお花見スポットの特集があります。 是非そちらもご覧になってください。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP