トップページ > 広島風俗特集記事 > 女性必見!ビールを注ぐときのマナー

女性必見!ビールを注ぐときのマナー

女性必見!ビールを注ぐときのマナー

きちんとした社会人であれば、飲み会マナーもしっかり身に付けておくのが常識!
広島のお偉いさんがいる席で、恥をかいたり、評価を下げてしまわないためにも、ちゃんと勉強しておきましょう。
そこで、飲み会マナーの基本中の基本、ビールの注ぎ方についてご紹介します。

女性なら知っておきたいお酒の席でのマナー

社会人になると、守らなければいけないマナー、知っていて当然と周りに思われているマナーがたくさんあります。
「これでいいんじゃないの?」と曖昧な知識で適当に行動すると、あとで痛い目に遭うかもしれません。
お酒の席は無礼講などという場合もあるでしょうが、意外と男性は、目ざとくマナーを見ているのです。
失礼を働いて恥をかいてしまわないためにも、飲み会マナーの「基本のキ」とも言える「ビールの注ぎ方」をまず身に付けましょう。

瓶ビールはちゃんとマナーを守りましょう!

飲み会においては、おのおのジョッキでビールを飲むことも多いですが、大人数であればあるほど、瓶ビールが飲まれる場面が見られます。
最初の一杯のときはもちろんですが、瓶ビールのときは、とにかく自分が飲んで楽しむことではなく、上の人や男性のグラスにさり気なく目を配り、グラスが空になるのを見計らって、本人に手酌をさせることがないよう、すぐにお酌をしましょう。

その1「ラベルは上」

注ぐ際の注意はまず、瓶の持ち方。
まず、相手に見えるように、ラベル部分が上になるように瓶の中央部分を右手で持ちます。
次に、相手のグラスに注ぐ際に、注ぎ口近くを下から左手でそっと支えます。

その2「泡は3:7」

美味しいビールの割合は、泡が3に対し、ビールが7と言われています。
よく泡だらけにしてしまう人は、最初は勢いよく泡を立てるように注ぎ、次はゆっくりと少しずつ、最後に少しだけ多めに注ぐと、きれいな比率を作りやすいです。

その3「つぎ足すのはグラスが空になってから」

また、ビールをつぎ足す際は、必ず相手がグラスを飲み干してからにしましょう。
味が落ちてしまうので、グラスの残りが少なくなったからと言って、つぎ足すのはNGです。
空になってから、すぐに「お酌します」とさっと瓶を傾けましょう。
お酒の席は、男性とのコミュニケーションの一つです。 そつなくこなせば「お、こいつできるな」と広島のお偉いさんのおめがねに、かなうこともあるかもしれません。
「面倒だなぁ」などと思って適当にこなすのではなく、これは大切な仕事の一つと思って、しっかりとこなしましょう。

まとめ

細やかなことがさりげなくできる女性は、男性側でも好印象なのです。
特にキャバクラなどでは重要です。
広島で稼げる、稼いでいる女性はそういったところまで気を配っているのかもしれません。
ぜひ上記のマナーを身につけてしまいましょう。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP