トップページ > 広島風俗特集記事 > 「あがり症」を克服できる! 女性用メントレ術

「あがり症」を克服できる! 女性用メントレ術

人見知り、コミュニケーションをとることが苦手、などの性格を持っている女性は多いかと思います。

男性と一緒に居ると緊張してしまう「あがり症」の女性、

そのような方に「あがらない」ための方法をご紹介します。

自分で勝手に設定したハードルを下げる

あなたはひょっとして「うまくやろう」と思っていませんか? あがり症を克服するのではなく、考え方を改め、行動パターンを変えたことで、あがり症の自分と向き合うことができるのです。
あがり症の人はとかく、完璧主義のええかっこしい性格。

100点満点を目指そうとして、余計にあがってしまう。
まず、自分で勝手に高く設定してしまったハードルを下げて、うまくやろうという気持ちは捨てましょう。
そのうえで、自分の目的が何であるかをしっかり見定め、それを達成することだけを考えればいいのです。
目的を見極め、それを達成するには、あがり症である自分をしっかりと自覚しておき、いかにあがらず持ち味を発揮できる場をつくれるかにかかっています。
最初から勝てそうでなければ、勝負に臨まなければ決して負けることがないように、あえて苦手な部分にはタッチしない、勝てそうな勝負だけに臨むことが大切です。
ではシーン別に、あがらないための具体的な方法をご紹介します。

相手にとって身近な話題を集めておく

初めての男性とコミュニケーションをとる場合、ポイントは、男性と対面した際の会話のネタ収集です。
会うまでに、話題になりそうなものを探します。

行列ができているスイーツのお店や、変わったメニューのあるカフェがあったらしめたもの。
男性と対面した際、「あのケーキ屋の行列はすごいですね」「ビル1階のカフェに寄ったら、○○というメニューがあったので、思わず頼んじゃいましたよ」など、話の糸口をつかむ話題が集められます。
次はいざ、男性と対面。初対面の場合、相手のフルネームを聞くことがポイントです。
そこで間違えてしまっても、緊張がほぐれますし、たとえ読み間違えたとしても「珍しい苗字で……、どちらのご出身なのですか」などと、そこから会話が生まれます。

 
これらのネタ収集の共通点は「相手にとって近い情報である」ということです。

誰しも身近なことなら話しやすいもの。
相手が話してくれれば、緊張も和らぎ、その後の会話も進めやすくなるでしょう。
もし用意したネタが1つ外れても、3つぐらいストックがあれば万全。 精神的なゆとりにもつながり、あがらないで済みますよ。

自分は話さない。相手に話してもらう

会話でのポイントは、もし「あがって」しまって会話がしにくいのなら、なるべく自分が話さないで済むようにすることです。
方法は大きく分けて2つあります。

「話す以外の方法で伝えること」

「相手に話してもらうこと」です。
 話す以外の方法とは、例えば写メやプリクラ、現物を見てもらうなど。

視覚にも訴えられるので、あがってしどろもどろな説明をするより、よほど相手に伝わりやすいのです。
さらに、話す機会を減らした分、そのとき必ず伝えたいことに力を注げるというメリットもあります。
とはいっても、どうしても自分主導で話さなければならない場合もあります。
そのときはなるべく会話に持ち込んでしまいましょう。
会話なら、単純に話す量が1人のときの半分で済みますし、流れに乗れるので、自分で話を展開し続けるより、あがり症を意識しにくくなります。
 相手に話してもらうよう仕向ける作戦は、自分より目上の人と接するときにも大いに活用できます。
 例えば、男性が黙り込んでしまった場合。いきなり笑ったりするわけにもいきません。
そんな場合、「私は○年目なのですが、あなたの○年目はどんな感じだったのですか?」などと質問するのが効果的。
その際、質問は現在のことよりも過去のことから聞き始めたほうが、相手も話しやすくなり、会話がいっそう弾みます。
目上の人や年長者には、当人の昔の話題に喜んで答えてくれる人が多いもの。
これは広島のお偉いさんや、強面でとっつきにくそうな人と会話しなければならないときにも使えますよ。

まとめ

あがり症の人はとかく「あがり症を克服すればすべてうまくいく」と考えがちですが、本気で克服しようとしたら、どれだけ時間がかかるでしょう。
むしろ、自分の体質だと割り切ってうまく付き合ったほうが得策なのです。
目的はあがらないことではなく、男性と接する時間を楽しむことです。
「あがり症だけど魅力のある人」、そんな女性になっていければよいのではないでしょうか。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP