トップページ > 広島風俗特集記事 > お酒が苦手でも働ける?

お酒が苦手でも働ける?

風俗ではお客さんとお酒を飲む機会がある、ことは否めません。

しかし業種や対応によってお酒を回避する方法はあります。

まずスタッフと相談する

お酒が苦手なことを黙っていると、お客さんからアルコールを強要、強制的に飲ませられたりされかねません。

そんな時に頼らなければならないのがお店のスタッフです。

「この子そんなに飲めないので勘弁してあげて下さいねー」

という対応をしてくれるお店もあります。

まずカウンセリングにて相談してみましょう。あなたに合ったお店を紹介してくれること請け負いです。

お酒の接客マナー

ソープデリヘルなどは行為メインですからあまりお酒と関わることはないと言えます。

しかしキャバクラでは「君も一杯どうだい?」なんて言われる可能性が大いにあります。

実際に現場で働いているとスタッフの緊急対応ができない可能性もあります。

そんな時、断ってはいけないような雰囲気があると困ってしまいますよね。

「私、お酒苦手なんです〜」と言うと逆効果になってしまう可能性も。

男性は『酔わせて自分のものにしたい』などと思い「そんなこと言わずにグイッといっちゃいなよ」と言います。

こういったシチュエーションはありがちなのです。

お酒が強ければその男性からの好感度は上がりますが、本気で断りたい時、
「本当に飲めないんですってば!!」
と感情的になってしまうと、お客さんは怒ってしまいますよね。

感情的になってしまうのはNGです。

感情的にならず、うまくお酒を回避する方法をご紹介します。

飲めないことを「演じる」

お酒を飲まなければならない雰囲気になった時は

「なんか酔っぱらっちゃったみたい…」

とふらふらの状態を演じてみて下さい。その時お客さんは「まだ一滴も飲んでないじゃないか!」という可能性が高いと思われますがそんな時に追い打ちをかけます。

「◯◯さんがあまりにも飲みっぷりが良いからお酒の匂いで酔っぱらっちゃいました〜」

と言ってみてください。そして「ちょっと席外させてもらいますね〜ごめんなさい〜」

と、一旦その場を離れるのです。その間に他の女性陣にお任せします。

しかし、「あの子は使えない!」と思われてしまう危険性も高いのが事実です。

第二の手として、お客さんの飲みっぷりをどんどん褒めてあげることが挙げられます。

たとえ安いお酒でも「私なんかそんな立派なお酒飲めませんよ〜ぜひ◯◯さん(お客さん)に飲んでもらいたいなぁ」と誘導します。

また他の女性にバトンタッチを行うことも手です。

「わたしはちびちびしか飲めないけど、この子の飲みっぷりはすごく良いですよ☆」

などと、これは女性陣で事前に打ち合わせをすることが大切です。

いかがでしたでしょうか。お酒が苦手でも対応してくれるお店はあります。

ぜひお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP