トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗のお仕事でお給料から天引き「雑費」とは

風俗のお仕事でお給料から天引き「雑費」とは

風俗のお給料から天引される雑費風俗嬢が稼いだお給料のうち、一部「雑費」というのが天引きされているのを知っていますか?
まだ風俗で働いたことがない人や未経験の女の子にとってあまり聞いたことがない言葉だと思いますが、風俗は稼いだお金が全て手取りになるとは限らないのです。

今回は風俗のお給料から天引される「雑費」とは何なのか、どんな物が引かれるのかなど、業種別でご紹介します。

風俗の「雑費」って何?

風俗嬢のお給料から引かれる「雑費」とは、女の子が仕事で使った道具代や経費のことをいいます。女の子が働くためにお店が準備した道具などを手取りのお給料の一部で負担する制度です。
風俗店によって雑費の名目も「在籍費」「厚生費」と書くところもあり、金額も違いがあります。
「お客さん一人あたりのバックのうち最大で10%を引く形式」、「1日のお給料から数%引く形式」、「1日で1,000〜2,000円など決まった金額を引く」等、自分働きたいお店はどのパターンなのか、スタッフに事前に聞いておきましょう。

風俗業種別の「雑費」の対象

では、どんな物が雑費として引かれるのでしょうか。
デリヘルやホテヘルの無店舗型、ソープやファッションヘルスのような店舗型の雑費の種類はそれぞれ違いがあります。

【デリヘル・ホテヘル】

・タオル代
・イソジン代
・コスプレ代
・衣装などクリーニング代
・ローターや電マなどアダルトグッズ代
・ローション代
・送迎代・ドライバーの人件費やガソリン代

デリヘルやホテヘルの無店舗型の派遣風俗店の場合、女の子をお客さんがいる場所まで送迎するドライバーの人件費やガソリン代がかかるという点が特徴となります。

【ソープ・ファッションヘルス】

・タオル代
・イソジン代
・コスプレ代
・衣装などクリーニング代
・ローターや電マなどアダルトグッズ代
・コンドーム代
・部屋代
・お茶代
・性病検査代
・寮に住んでいる場合には寮費
・プロフィール用の写真撮影代

ソープやヘルスなどの店舗型の風俗店では、デリヘルのような送迎代やガソリン代、人件費はかかりません。
その代わり、使用する部屋のレンタル代やお客さんに出すお茶代などの代金が雑費として引かれるのが特徴です。また、ソープではコンドーム代を雑費として引くお店もありますが、明細に細かく書くお店の場合コンドームと明記していません。

いかがでしたか。雑費に当たる物をご紹介しましたが、最近では雑費がない風俗店が増えてきてるんです。
その代わり、最初からバックを低く設定しているお店もあれば、いくら働いても雑費が1,000円など格安のお店もあります。なので、同じコースの料金でも高いお給料を受け取れるように、必ず面接の時に雑費がどれくらいかかるのかスタッフに聞いておきましょう。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP