トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗のお仕事で荒れたかかとを治したい!かかとケア法

風俗のお仕事で荒れたかかとを治したい!かかとケア法

風俗嬢のかかとケアお仕事でお湯に触れる時間が多い風俗嬢の「かかと」は、ガサガサに荒れがち。
お湯やボディソープによって皮脂が流れてしまい、特に冬場は非常に乾燥してしまいます。更に冬場だけではなく、春、夏もそのままガサガサなかかとが続く風俗嬢は多いのではないでしょうか。
風俗は、お客さんと肌が触れる回数が多いお仕事なので、かかとの角質がめくり上がっていては、お客さんもガッカリしてしまいます。なるべく一年中、かかとはツルツルにしておきたいですよね。

冬だけじゃなく一年を通して気をつけよう!

冬場は毎年かかとが、カチカチ、ガサガサになってしまう風俗嬢は、秋口になるとかかとに保湿クリームを塗り始めるでしょうが、実はその時に塗るのはもう遅いのです。
春や夏、秋にも、かかとのケアは一年を通して欠かさずすることが大切です。冬の季節以外にも怠らずケアすることにより、冬場や乾燥の季節にかかとがガサガサになりにくくなります。

夏の素足にサンダルがガサガサの原因?!

夏は暑いので、素足しサンダルを履きますよね。素足でいることの多い夏場に、かかとが乾燥したり、体重がかかり血行が悪くなり角質が溜まっていくと、冬場になってから皮膚のひび割れやガサガサかかとが酷くなってしまいます。
ヒールのあるパンプスは履きたい。でもかかとのガサガサはなんとかしたい。と悩んでいるのであれば、まずはかかとの角質を落とす事から始めましょう。

スクラブ剤の入ったマッサージクリームや重曹などを使用して、かかとの古い角質を落とします。スクラブ剤は肌に優しい素材を使うと良いですよ。あまりにもかかとが硬い場合は、かかと用のヤスリ系器具を使って角質を除去するのも良いでしょう。
角質除去後は保湿クリームをしっかりと塗りましょう。

ケアしてもガサガサ、痒みがあるかかとは水虫の可能性?!

一年中しっかり、かかとケアをしているつもりなのに一向にガサガサが治らない。痒みがある。そんな状態の場合、ただの乾燥によるものではなく、水虫の可能性があります。
おかしい。と感じたら、症状が悪化する前に皮膚科で診てもらいましょう。

広島風俗求人サポートで稼げる風俗店を探そう!

いかがでしたでしょうか?
広島で稼げる風俗店を探すなら、「広島風俗求人サポート」におまかせください!当サポートでは、女性の働きやすさを一番に考える優良風俗店のみをご紹介いたします。保証つきの店舗をはじめ、ひとりひとりの希望条件に合わせた風俗店をお探しいたしますので、風俗未経験の方でも安心して優良風俗店からお店を選ぶことができます。

お問い合わせは下記のお問い合わせフォーム、お電話、LINEから!
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP