トップページ > 広島風俗特集記事 > お客さんに話してはいけないNGトーク!

お客さんに話してはいけないNGトーク!

風俗でお客さんにNGトーク風俗嬢にとって、悩みの一つにお客さんとの会話は入っているのではないでしょうか。
特にロングコースだと、プレイ以外に会話する機会も増えますし、会話が弾まないと気まずい雰囲気になりますよね。しかし、会話が弾むと思って話した事が、お客さんを嫌な思いにさせてしまう可能性もあるんです!

今回は、お客さんにうっかり聞かない方がいいNGトークをご紹介します。

お客さんのお仕事話

初めて会ったお客さんに「今日はお仕事お休みなんですか?」や「どんなお仕事しているんですか?」と聞いた事はありませんか?
夜の接客業全体で言えることですが、お仕事の話しは基本と考えがちですが、風俗に来るお客さんの多くは女の子と過ごす時間は、仕事を忘れたいと思っている人が多いです。
ほとんどの男性は、仕事や何かしらのストレスを抱えています。そんなストレスを発散したり、忘れられる場所の一つが風俗なんです。
そんな中、女の子から仕事の話しを振られたら、一瞬で現実に戻ってしまいますよね。
でも、お客さんから愚痴を話してきたり、こんな仕事をしているなど会話を降ってきたときは、しっかりと聞いてあげましょう。

スポーツの話

意外かもしれませんが、スポーツの話題もNGトークになるのです。
例えば、野球好きのお客さんに対し、意味なく「今年の◯◯のチームは負けが続いてたね〜」や「◯◯のチームの選手カッコイイよね」と軽い気持ちで話しを振ったとします。その振った話しのチームがお客さんが贔屓しているところ、またはライバルとして見ている場合、バカにしている、けなされた、と気分悪くさせてしまいます。
このように、男性の中にはスポーツ観戦を趣味とする人も多いのですが、だからといって気軽に話してしまうと思わぬ展開を起こしてしまうので、気をつけたいですね。

宗教の話

日本では、どの宗教に信仰しても自由であると憲法で保障されています。しかし、宗教の違いは争いのきっかけになりやすく、中にはお客さんが信仰する宗教へ勧誘してくる人もいるのです。
◯◯の宗教は良く思っていないような態度や話をすると、お客さんの怒りを買ってしまう原因になります。これは風俗だけに限ることではなく、友人や会社でも同じことですので、宗教の話は基本的にNGだと覚えておきましょう。

いかがでしたでしょうか。
お客さんとの会話に悩んでいる風俗嬢は多くいますが、特に意識せずスポーツや宗教の話はいつの間にかお客さんを機嫌悪くさせたり、傷つけるきっかけとなってしまうこともあるので、会話を降る際は十分に注意していきたいですね。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP