トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗で働いていても、金欠の子は多いのが現実!?

風俗で働いていても、金欠の子は多いのが現実!?

風俗嬢の金欠風俗の最大の特徴と言ってもいいのが「高収入」です。1日に10万円以上を稼ぐことも稀ではありません。もちろん風俗で働いている女の子たちの中には、ものすごい金額の貯金がある子もたくさんいます。しかしその一方で、いくら風俗で働いていてもお金がない子もいるのが現実です。お金を貯められないということは風俗に限ってのことではありませんが、なぜそれほど稼げる風俗の仕事をしている子で金欠の子は多いのか?

お金を貯められない子の特徴

風俗で働いている子には2パターンあります。ひとつは、「借金などがあって、お金がなく、どうしてもお金が必要」という子と「お金が稼ぎたい、欲しいから」という子です。多いのは、「お金がどうしても必要」という子よりも「お金を稼ぎたい」という子の方が多いでしょう。

日払いだからつい使ってしまう

財布の中にお金があるとついどうしても使ってしまいますよね。風俗の場合はだいたいが日払い手渡しで給料をもらうところが多いと思います。なのでついついお金を使ってしまって貯金できないで居ることが考えられます。ホストに通っている・・・
風俗で稼いだお金を、ホストに通って費やしている子も多いでしょう。ホストに行くとハマってしまう女の子が多いみたいで、風俗で稼いでは、ホストに費やして…というサイクルから抜け出せなくなっていて、金銭感覚が狂ってしまうことも、金欠の原因と言えるでしょう。

「どうせすぐ稼げるから」と余裕

風俗は2~5日程度出勤するだけで、一ヶ月分の生活費が稼げてしまうため、「稼ぎたかったらまたすぐ稼げる」という考えで貯金することは頭に無く、お金を使ってしまう子が多いのも事実です。

その結果金欠となります。

以前よりも稼ぎが減った

金欠の原因は、「単純に以前よりも稼ぎが減った」なんてことも多いでしょう。景気の状況などによっても稼げる額が大きく変化するなんてこともあるのが風俗業界ですから、珍しくないことでしょう。以前の稼げていた時期よりも生活水準を落とせないと、金欠になってしまうのは当然です。
風俗で働いている子は、出勤状況にもよりますが、いくら「稼げていない子」と言っても、普通に会社に勤めている会社員よりも当然大きな収入を得ています。どういう事かというと、金欠の子というのは、「自分の稼ぎ以上にお金を使っている」ということが言えるでしょう。
風俗で働き始めた頃は、その稼ぎにびっくりする子も多いです。

しかし気をつけたいのが、「金銭感覚を狂わせない」ことです。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP