トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗業の時給制と歩合制どっちが得?

風俗業の時給制と歩合制どっちが得?

風俗 時給制 歩合制 稼げる風俗は業種によって、給料形態に違いがあります。
これから風俗で働こうと考える女の子は、時給制と歩合制の風俗店どちらが稼ぎやすいのか悩みますよね。

そこで今回は、風俗で働くなら時給制と歩合制のメリットとデメリットをご紹介します。自分にとってどっちが得なのか考えてみてはいかがですか?

時給制と歩合制の業種

:時給制の業種

ピンサロ
セクキャバ
エステ
・SMクラブ

セクキャバは、お客さんに胸を触らせたりする、ちょっとエッチなキャバクラな感じです。ピンサロも基本的に全裸にならないソフトサービスが中心です。コース料金の他に、指名やオプション料金が発生します。

:歩合制の業種

ソープ
・ヘルス(デリヘル店舗型、ホテヘル)
オナクラ
・イメクラ

お客さんと喋るより性的サービスが中心の業種は、歩合制に設定されていることが多い。歩合制は接客するごとにお給料が発生するシステム。こちらもお給料の他に指名料やオプションがプラスされます。

時給制で働くメリット&デメリット

:メリット

・収入が安定

時給制のメリットはなんといっても、接客したお客さん関係なくある程度の収入が保証されていること。時期によってお客さん入りが悪い時もありますが、時給制ならお客さんにほとんど付かない日があっても、確実にお給料がもらえます。平均時給は2,000円〜4,000円で、普通のバイトより高収入が得られます。

・風俗未経験でもできるソフトサービスが多い

時給制の風俗店は、全裸にならなくてもお客さんにサービスできるソフトなお店が多いです。中でもセクキャバは、お客さんに触ることはないので、性的サービスに抵抗がある女の子に向いています。エステなど手だけの業種も多くあり、いきなりヘルス系のお仕事は怖いという女の子にも始めやすく、慣れない間でも安定した収入を得られます。

:デメリット

・歩合制より収入は下がる

歩合制の業種と比べると、時給あたりの収入は少なくなります。しかし、オプションや指名をうまく利用することで、ヘルス並みの高収入を得る女の子もいます。

歩合制で働くメリット&デメリット

:メリット

・人気嬢になると高収入

歩合制のメリットは、働けば働くだけ収入が上がります。特に人気風俗嬢となれば出勤全て指名で埋まり、時給で稼ぐよりも短時間で高収入を得ることができます。

・体型問わず採用率が高い

ソープヘルスなどは、いろいろなタイプの女の子を揃えているので、ぽっちゃり系や熟女の女の子でも働けるお店が多いです。仕事はハードですが、その分頑張れば稼げる上にテクニックを磨けば人気嬢を目指すことができます。

:デメリット

・お給料がない日もある

歩合制はお客さんに付かなければお給料が発生しないので、お客さんの入りが悪いとその日の収入はゼロという日もあるかもしれません。しかし、最低保証がある風俗店ならゼロという心配はありません。

いかがでしたでしょうか。
このように、歩合制は高収入を目指せますが、指名客がいないと収入が無いこともあります。
逆に、ピンサロなど時給制の風俗店は、ソープほどの収入は難しいですが、お茶を引くことなく安定した収入を得られます。
そのため、風俗未経験の女の子はソフトサービス中心の時給制、容姿やテクニックに自信がある女の子は歩合制の方がしっかり稼げる可能性は高いでしょう。働き方やスキルによって、自分に合う業種を選びましょう。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP