トップページ > 広島風俗特集記事 > 低容量ピルの副作用を知っておこう

低容量ピルの副作用を知っておこう

風俗嬢 ピルの副作用風俗嬢になったら、たとえS着ソープで働いたとしてもピルを飲んでいる女性は多いようです。ピルを飲むと、生理周期がきちんと分かり仕事の調節や、生理痛なども緩和できたりとメリットは多いと言われているからでしょうか。しかし、時に副作用が出てしまうことがあります。ホルモンは体に微妙なバランスを取る大事な物質なので、それを外部から与えるということは、正常なホルモンの働きを阻害してしまいます。特にピルの場合、そのホルモンの性質上、今後女性の身体に影響を与える事が考えられます。

なるべくなら使用しない方がいい

低容量ピルはホルモンバランスを整え、副作用はほとんど無い人気のお薬です。
ピルで月経困難を治療することで起きる生理は、本来の生理ではなくホルモン異常によって起きる生理です。ピルの中止直後、卵巣機能低下による不妊は以前から知られていますが、長期間使用している人でもピルを飲まなかった人と比べると卵巣機能低下によるリスクは高くなる傾向にあります。また、妊娠経験のない若い女性がピルを飲み始めた人は、乳がんのリスクが急速に早まる可能性があると報告もあります。
同様に、子宮頸癌のリスクも増えます。これは、ピルを飲んでいると免疫力が低下するため、子宮頸癌を起こすヒトバピローマウイルスに感染しやすくなり、子宮頸癌が増えると考えられます。そして、ピルは血栓症を起こしやすい事でも知られています。
このように、身体の中の微量な物質を薬で外から取り込むことの危険を表していると思います。

ピルの長期間服用

ピルを飲み始めてからしばらくの間は、気分が悪くなったり不正出血などの症状が人によっては現れることがありますが、大体ピルが身体に慣れる2〜3ヶ月で症状は減少します。また、太りやすくなると風俗嬢の間でも有名ですが、低容量ピルの場合は思っている程気にしなくていいようです。
また、長期服用の場合はデメリットが多くなってきます。男性・女性ホルモン、ステロイドなどは生体内で必要量は決っています。外から大量、もしくは長期間に摂取することは危険とも言われています。それは、ホルモンにステロイド骨格があり、外から投与されたものは排泄が困難で、組織に滞り酸化コレストロールに変性してしまいます。これが動脈硬化や乳がん、子宮頸癌を招いてしまうのです。
ホルモン剤はステロイドと同じく、交感神経を緊張させ血流障害、顆粒球増多を招き体の冷えなど新たな病気の上乗せを起こしていくからです。血圧が上昇したり、血糖値、心拍数、不安感、疲れやすい、不眠など招いたりします。

ピル中止直後の妊娠には注意!

稀ですがピル中止直後の妊娠は、口蓋裂の奇形の確率が高くなります。また授乳中にピルを服用していると、0.02%が母乳に出ます。一見少なく見えますが、ピルはとても強い環境ホルモンなので、無視できないほどの量のホルモンを与えていることになります。
ピルからの女性ホルモン摂取量は、環境ホルモンである農薬の有機塩素化合物からのホルモン摂取量の約66億倍にもなるということです。ピル1粒で約100日、体内に残っていると言われていますので、ピル中止後の妊娠には注意が必要です。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP