トップページ > 広島風俗特集記事 > 「童貞」のお客さんが来たときの接客術

「童貞」のお客さんが来たときの接客術

「童貞」のお客さん 接客術風俗で働いていると、いろいろなお客さんと会います。その中で一度は遭遇する「童貞」のお客さん。中にはエッチどころか、女性とキスもしたことがないお客さんもいます。

まだ風俗で働いて間もない風俗嬢にも知っておくべき「童貞」のお客さんへ接客方法をご紹介します。

童貞のお客さんは緊張している!

生まれて初めての風俗、エッチ、前戯。中には初めて生で女体を見る童貞の人もいるかもしれません。童貞のお客さんはすごく緊張しています。何をどうしたらいいか分からない…。興奮や緊張、不安でいっぱいです。
また、童貞のお客さんが風俗嬢に期待していることは、「プロの風俗嬢なら、優しく気持ちよくしてくれる…」などの安心感です。

リードしてあげる!

童貞のお客さんに対しては、こちらから積極的にアプローチしていきましょう。
初めての風俗が“嫌な思い出”にならないよう、こちらは受け身よりもお客さんに合わせて責めていくようにしましょう。童貞のお客さんが大人しいからといって、受け身のままだと不完全燃焼になってしまいます。
女の子から「一緒にシャワー浴びよう」、「触っていいよ」など積極的に誘いましょう。この時、お客さんと手を繋いだり、キスをしたり手取り足取り、お世話するつもりでとにかく優しく接しましょう。

童貞のお客さんに本番強要されたら…

上記でもご紹介した通り、童貞のお客さんには優しくするのが基本です。しかし、中には困った童貞のお客さんも少なくありません。
風俗やエッチなことについて知識がなかったり、過激に期待を持っていたりもします。
「童貞だから本番したい」と頼んできたり、無言で挿入しようとするお客さんがいます。もちろん、対応する必要はありません。
普通のお客さんと同じように優しく笑顔で断りましょう。

遅漏・全くいけない童貞のお客さん

勃起はしてるのに、全くいけない童貞のお客さんもいます。終わりの時間が近づいているし、体力にも限界…。
そこでいけないのにはいくつか理由があります。
オナニーのし過ぎ」 「サービスが単調」「緊張して集中できない」。などが主に多い理由ではないでしょうか。
まずは、お客さんをリラックスさせるのが大切です。

まとめ

頑張ってサービスしたのに上手くいかなかった場合でも、落ち込むことはありません。
風俗は“ヌク”場所ではありますが、それだけではありません。一生懸命に接客し恋人気分や癒しを味わってもらえたら、満足してもらえてリピートするお客さんはたくさんいます。
いくことが最後。そこだけを気にしてしまっては気持ちのこもったサービスはできません。また、風俗や女性が初めての童貞のお客さんは、お仕事で作業のようなサービスは望んでいません。

初めての風俗が良い思い出になるように、優しい接客や対応をしましょう。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP