トップページ > 広島風俗特集記事 > 本指名を取るためについやってしまう風俗嬢のNG行動

本指名を取るためについやってしまう風俗嬢のNG行動

風俗嬢のNG行動風俗のお仕事で本指名があるというのはとてもありがたいことですよね。定期的に来てくれるお客さんがいれば暇なときでも安定した稼ぎができますし、同時にお店からの評判も上がります。

しかし、本指名を取るために努力することはとても良いことですが、本指名の欲しさからやってしまいがちなNG行動があります。

今回はそんなNG行動をご紹介します。

本番してしまう

慣れない手コキ、素股、フェラでお客さんがイカず、焦って本番をしてしまう風俗嬢は結構多いようです。
本番行為禁止の風俗店に限りますが、本番をすればお客さんはイキますし、本番をさせれば本指名に繋がるかもしれません。

しかし、本番することによってキャストとしての品格を下げますし、同じお店のキャストに迷惑です。
また、本番をして取ったお客さんは次回もまた本番を期待しますし、その他のお客さんにも当たり前になってしまうと肉体・精神的にも限界になってくるでしょう。

写メ日記などで「暇」アピール

風俗で働くと写メ日記やブログをやっていると思いますが、内容に「暇です」と書いてしまう女の子。
「すぐに遊べます!」という意味でアピールしていると思いますが、これは逆効果なんです。自分から指名がない=魅力がないと公表しているようなもので、これを見て指名する人はいません。
プライベートの日記ではないので、内容は気をつけて書くようにしましょう。「暇です」と書くより、指名して頂いたお客さんへ感謝の気持ちを書いたり、ちょっとエッチな写メ日記に書いたほうが指名に繋がります。

本指名がなくて焦る

本指名というものは、あなたのサービスをまた受けたいと思っているお客さんからくるものなので、指名がないということは、あなたのサービス、会話やプレイ内容、エスコートの仕方に問題があると考えましょう。

いかがでしたでしょうか。
本指名は努力なしで得られるものではありません。売れっ子人気風俗嬢は、そういった努力や基本をしっかりやっている人が多いです。
今回ご紹介したNG行動を自分に当てはめ、行動を見直して本指名を取れるように、お客さんの気持ちになって良いサービスを心がけましょう。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP