トップページ > 広島風俗特集記事 > 疲れやすい風俗嬢はスタミナをつけよう!

疲れやすい風俗嬢はスタミナをつけよう!

風俗嬢(体力・スタミナ)風俗のお仕事は接客業でありながら肉体労働でもあるという、体力勝負なところもあります。
男性が女性に思うセクシーなポーズや角度は普段しないポーズですし、フェラ、素股、手コキなど地味に結構な体力を消費します。生まれつきだったり年齢による差はあると思いますが、やはりスタミナはつけておきたいところ。

今回は、疲れやすい、スタミナ不足と感じる風俗嬢にオススメの食材や摂取方法を紹介します。

スタミナがつく食べ物

スタミナアップというと「肉」や「うなぎ」のタンパク質を思い浮かべると思いますが、それよりも身体を作る成分が優先されます。そこでスタミナをつけるためまずしっかりとりたいのが“炭水化物”です。人間の身体に必要なエネルギーの50%〜70%は炭水化物でまかなっており、炭水化物は人間のエネルギー源といえます。なので炭水化物が不足していると疲れやすくなってしまいます。とくに“米”はパンや麺より腹持ちが良く、持続的にエネルギーを供給してくれるので、一日の始まりに摂るのがオススメです。

また、スタミナをつける観点から重要なのは、タンパク質の他にエネルギーをスタミナに変えるのに不可欠な“ビタミンB1郡”が不足しないことです。

疲労も回復する食べ物

疲れている時こそ、食事内容が重要になってきます。
疲労回復には、豚肉やアスパラ、牡蠣やタコ、酸っぱい食材が効果的です。ただこのとき、豚肉など単品で食べるのではなく、必ず一緒に柑橘類も食べましょう。実は、豚肉を単品で食べるとピルビン酸という成分が増加し、それを体内に溜め込んでしまい、なおのこと疲れてしまう原因になりかねません。

そこでピルビン酸を排出してくれる作用があるのが、クエン酸。梅干しやレモン、酢といった食べ物に多く含まれているので、一緒に食べるようにしましょう。

なるべく避けた方が良い食べ物

体力をつけるためには普段からバランスの良い食事をとることが大切です。
カロリーが低過ぎる食事だとスタミナが不足してしまい、カロリーが高過ぎる食事だと肥満につながり、逆に体力を消費しやすい身体になってしまいます。カップラーメン、お菓子、ハンバーガーなど添加物が多く含まれている食べ物は高カロリーの割に、栄養素が偏ってしまいます。

このようなジャンクフードを食べ続けていると疲れやすくなってしまうので、なるべくなら摂取しない方が良いでしょう。

女性はただでさえ、冷えやホルモンバランスの乱れによって疲労がたまりやすく、男性より体調を崩しがちな人が多いです。体力が続かない、疲れがたまりやすい、という人は、まず食生活から見直してみましょう。

しかし、そうは言っても、多忙で自炊ができないという風俗嬢もいると思います。
外食でしたらファミレスなど、なるべく料理に手間がかかっているお店を選ぶようにすると良いでしょう。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP