トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗嬢もハマってしまう?!精神安定剤に注意!

風俗嬢もハマってしまう?!精神安定剤に注意!

風俗嬢 抗うつ薬風俗嬢の中には、その特殊な仕事環境から、情緒不安定になっている人が多数います。それに比例し、風俗嬢で抗うつ薬、睡眠薬、抗不安薬等の薬を服用している女性は年々増加しています。

女性は男性に比べて2倍鬱になりやすい?!

一般的に女性がうつになりやすい要因として、もともと気分を明るくするホルモン(セロトニン)の分泌が男性よりも少なく、月経時期にはさらに減少することが大きいとされています。それに加え、結婚や出産といったライフスタイルの変化やストレスによるホルモンバランスの乱れなど、男性より心のバランスが崩れやすくする要因が多いためだと言われています。

うつの薬にはどんなものがあるの?

抗うつ薬に中には、下記のようなものがあります。
リレックス・レメロンといった、睡眠障害や食欲低下に効果的なお薬。サインバルタ・トレドミンといった神経を調節し、意欲の改善を促すお薬。アナフラニール・トリプタノール・トフラニール・ノリトレン・アモキサン・ドクマチールといった、セロトニンとノルアドレナリンの再度取り込みを抑えて増加させる効果を持つお薬。また、これら以外にも抗不安薬のデパス・ソラナックス・マイスリー・レンドルミン等のような薬をその人に症状や体質に合わせ組み合わせ、治療していきます。

中には眠気や吐き気、頭痛などの副作用が現れる場合もあり、それらに注意し服用していく必要があります。効果は、4週間〜6週間程度で感じられるようになるものが多いようです。

うつの薬は依存性がある

抗不安薬や睡眠薬など、病院で処方される薬の中には、依存性が高いものが多数含まれています。
“アルコール依存症”と同じで、使い続けていると徐々に薬への耐性がつき、量を増やさなければ効かなってしまいます。そうしているうちに、いつの間にか薬に依存してしまうことが多いようです。
そうなると、薬が無くなった途端に不安や何も手がつけられない状況になってしまいます。実際、これらの原因で数週間〜数ヶ月と長期休暇を取る風俗嬢は結構います。
しかし、2016年11月1日から新たに「麻薬及び向精神薬取締法」が適用され、通常の処方箋医薬品よりも規制が厳しくなりました。そのため、デパス、アモバンなどは(向精神薬に指定され)30日処方制限が開始され、海外への持ち出しに規制もかかりました。向精神薬は、一度に大量に薬を処方できないように投与制限が設けられています。このように、精神安定剤等を安易に大量使用する人が増えた為と言えるでしょう。向精神薬依存症になってしまうと、それを治すのはヘロイン依存症になっている人を治すより難しい、と言う専門医もいるほどのものです。
一度薬を飲み始めたら、薬を止める時も突然飲まなくなるのではなく、徐々に減らしていくことが必要となってきます。

なるべく薬に頼らず、休養をしっかりとろう!

風俗で働く前から心が病んでいたり、働き始めてから病んでしまっても風俗店で不採用やクビになることはありません。もちろん日常生活を送れない状態なら面接は落ちますし、クビにもなりますが、これは仕事が出来ない為仕方がありません。

ただ、風俗は接客業なので接客ができない状態までいったらどうしようもないので、そこは自分で状態を把握し休養をしっかりとって調整しましょう。

また、心が病み、貯金・収入がなくなってしまったらそれがまたストレスになります。だからといって風俗のお仕事に戻ったらまた病む、と繰り返しなので、負担のかからない業種に就くことお勧めします。風俗店の中でも比較的心身共に負担がかからない業種、待遇はたくさんあります。

いかがでしたでしょうか。メンタルが弱いと自覚している風俗嬢は、なるべくこまめにストレスを発散しリフレッシュするようにしましょう!

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP