トップページ > 広島風俗特集記事 > デリヘル嬢は注意!猫アレルギーの予防と対策

デリヘル嬢は注意!猫アレルギーの予防と対策

風俗嬢 猫アレルギーデリヘル嬢はラブホテルだけではなく、お客さんの自宅へ派遣されることもお仕事です。そのため、お客さんによってはペットを飼っている人もいて、猫アレルギーを持っている風俗嬢は大変です。せっかく呼んでもらったのに、猫アレルギーだからといって帰るわけにはいかないですよね。
そこで今回は、いざという時に頭に入れておきたい「猫アレルギー」の予防と対策をご紹介します。

猫アレルギーの症状

猫アレルギーの症状は、主にヒスタミンと呼ばれる体内の科学物質により引き起こされ、風邪の症状とよく似ています。
アレルギー反応が強くなると胸を締め付ける感覚や、喘息のようなひどい咳が続き、呼吸が苦しくなり重症化することもあります。こうなると、お客さんに接客サービスどころか、かえって迷惑をかけてしまいます。
しかし、猫アレルギーは完全に治すことはできませんが、ある程度症状を和らげる予防法があります。

市販のアレルギー薬を飲んでおく

できるだけアレルギー症状を抑えるためにも、事前にアレルギー改善効果のある抗アレルギー薬を飲んでおきましょう。
病院から処方されたアレルギー薬がベストですが、病院に行っていない場合は市販の薬でもアレルギー症状を抑えることができます。お客さんの自宅へ行き、猫を飼っていることが分かったら、すぐに薬を飲みましょう。お客さんがお風呂の準備等をしている間に、こっそりアレルギーの薬を服用しましょう。

ベッドには持参したバスタオルでガード

ベッドや寝具は猫の毛や体液が付着しており、アレルギー症状が出やすい場所です。そのため、直接シーツが体に触れないように自分が持って来たバスタオルを敷き、ガードしましょう。
お客さんからバスタオルを借りると、同じ猫の毛がついているので、普段からバスタオルは多めに持ち自分のものを使うのがベストです。肌に直接猫の毛が付くと、その部分が赤く蕁麻疹を発症してしまいます。「シーツが汚れないように敷かせて」とお客さんにお願いしましょう。

身に付けるものはすべてキレイにする

猫アレルギーのための予防をしていても、空気中に猫の毛が舞っている環境だと、アレルギー症状はかなり出てしまいます。もし症状が発症してしまったら、自分が身につけていた服は全て洗濯しましょう。服には猫の毛が付いていて、アレルギー症状が治まらなくなってしまいます。コートやバッグなど洗えないものはコロコロを使いしっかりと毛を取り除きましょう。

症状が酷いときは病院

仕事終わりは、自宅で改めてお風呂に入って全身を洗い流しましょう。気付かないうちに猫の毛や体液が肌に触れている可能性があります。
そのため、入浴後もアレルギー症状が治まらない場合は、早めに病院へ受診し薬を処方してもらいましょう。蕁麻疹や痒みが出たら、抗生物質が入った軟膏が処方されることが多いです。

まとめ

猫アレルギーは本来、部屋の換気や掃除をすることで、ある程度発症を抑えることができます。しかし、お客さんの自宅にいくデリヘル嬢にとってこのような予防策は難しいです。そのため、猫に近づかない、薬を飲む、触れたものは清潔にすることを意識して、アレルギー症状を防ぎましょう。また、アレルギー症状がつらければ、自宅派遣をNGにできるので、お店のスタッフに聞いてみましょう。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP