トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗でお客さんとプレイまでの会話は何分くらいがベスト?!

風俗でお客さんとプレイまでの会話は何分くらいがベスト?!

お客さんとプレイまでの会話は何分くらい風俗は基本的に性的サービスがメインですが、お客さんと出会って直ぐにプレイに入らず、ある程度会話をするはずです。特に人気の風俗嬢はプレイの質だけではなく、お客さんに合わせた会話のテクニックも持ち合わせています。しかし、実際プレイに入るまで何分程度の会話が理想的なのか分からない子もいるのではないでしょうか?、今回は気になる理想の会話時間はどのくらいか調べてみました。

コース時間のうち4分の1くらいが平均

お客さんとのプレイに入る前の会話は、プレイ時間の4分の1程度の風俗嬢は多いようです。要するに、60分コースなら10〜15分、90分コースは20〜25分くらい会話をしてからプレイに入るのが平均的です。
プレイに入る前はお客さんとシャワータイムも必要なため、あまりにも会話時間が長いのは“地雷嬢”扱いになります。逆に、挨拶なしで無愛想な態度でプレイに入ると、お客さんに冷たい風俗嬢だと思われる可能性もあります。

ある程度会話を楽しみつつ、しっかりプレイ時間を作れるのが4分の1の割合なのです。

お客さんによって会話時間は考慮する

4分の1が平均とは言っても、コース時間が45分や30分と短いコースの場合。
短いコースのお客さんは会話を楽しむことより、とにかく短時間で抜きたいだけと考えている人がほとんどです。仮に短いコースで会話を長引かせたなら、お客さんをフィニッシュまで持っていけなかったり、地雷嬢だと思われてしまう可能性があります。

短時間コースでも好印象を与えリピーターにするには、シャーワータイムなど会話をする時を見つけ、お客さんと距離を縮めましょう。

プレイ時間を急かすお客さんに注意!

出会ってすぐ会話もなく無理やり拭くを脱がしてきたり、既に全裸で待ち構えているお客さんっていますよね。このようなお客さんは風俗嬢にとって地雷客の可能性があるので注意して下さい。
慌ただしくプレイに入ろうとするお客さんは、その風俗嬢だからということではなく、とにかくエッチなことを催促し考えていることが多いのです。リピーターになりにくい上に、最悪女の子がすぐに服を脱いで準備しないと、それだけで地雷嬢扱いしてくるお客さんもいます。嫌がることや痛みを感じるプレイを強引にしてくる場合、すぐにスタッフに助けを求めましょう!

まとめ

風俗でプレイ前の会話は10〜20分程が理想的です。ただ、ショートコース、ロングコースなど時間によって臨機応変に会話時間は調節してくださいね。
リピーターのお客さんでも、その時の気分で会話を長く楽しみたい、プレイ時間を長く楽しみたいと考え方は違うこともあります。今日はどんな楽しみ方を望んでいるのか、お客さんを観察し判断するのも風俗嬢なら身に付けておきたいですね。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP