トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗嬢に伝えておきたい「子宮頸がん予防ワクチン接種」の危険と考え方

風俗嬢に伝えておきたい「子宮頸がん予防ワクチン接種」の危険と考え方

風俗嬢 子宮頸がん近年話題となっている「子宮頸がんワクチン」。多くのメディアや婦人科での情報を見ているだけでは、想像もつかないと思いますが、このワクチンは、予備知識なしでは気軽に接種していいものではないようです。しかし、一般には「子宮頸がんを100%予防できるワクチン」のように世間に宣伝されていますが、実はすべての“ワクチン接種”には死亡する副作用もある程恐ろしいものもあります。子宮頸がんワクチンにおいても例外ではないため、このことから接種しようと考える風俗嬢は改めて検討した方が良いと言えます。

風俗嬢と子宮頸がん

風俗嬢は、性病検査をする為に婦人科に行きますよね。その性病検査の中に「子宮頸がん健診」という検査も一緒に行うと思います。そもそも「子宮頸がん」とは、子宮の出入り口付近の子宮頸部にできてしまう“がん”です。“がん”と聞くと、がん家計だからと思いがちですが、子宮頸がんは遺伝関係なく原因のほぼ高確率でHPVというウイルスの感染によって起きるとされてます。多くの場合、性交渉によって人から人へと感染し、女性の80%が一生に一度は感染していると推定されています。このため、性交渉をお仕事にする風俗嬢も含めすべての女性が子宮頸がんになる可能性を持っているということです。

子宮頸がん予防ワクチンの副作用の危険性

子宮頸がんワクチンは、“サーバリックス”と“ガータシル”の2種類があります。どちらもHPV感染を予防する効果があります。加えてガータシルには、尖圭コンジローマを予防する効果もあります。子宮頸がんワクチンの接種を推奨する年齢は、どちらも12歳〜16歳の女の子で3回接種する必要があります。しかし、インフルエンザの予防接種と同じで、必ずしもその病気にかからないとは限りません。子宮頸がんのワクチンを接種しても、定期的な子宮頸がん検診は続けて受ける必要があることには変わりはないということですね。
一部の研究によると、子宮頸がんワクチンの効果自体を否定するもの、逆に接種したとによって子宮頸がんのリスクを高めるという報告も出ています。また、深刻な副作用の報告も後を絶えず、厚生労働省は「接種の積極的な推奨」を一時中止したのです。
重篤な副作用は、1000例以上にも上り、その3割が高次脳機能障害などの脳機能の障害による症状です。それもワクチンを接種してから2〜3年経過してからの副作用が起こる可能性があるようなのです。
もし、気になる症状があった際は、難病治療研究振興財団の相談窓口へ相談しましょう。

予防ワクチン接種よりも定期的な子宮頸がん検診を受けるべき!

「子宮頸がんワクチン接種後の症状」をYouTubeやネットで調べて見ると、深刻な原因不明の副作用で被害者がどれだけ辛い思いをしていることがよく分かります。
そうしたことから、恐ろしい副作用を心配しながら、完全な効果が期待できないワクチンを接種するよりも、年に1回の子宮頸がん検診の方がよほど効果的だと思います。最近では自宅で検査が出来るキットがあります。費用は4000円程度で、自宅で検体し郵送して検査機関で検査してもらうものです。検体を取る方法は簡単で、何より安全で信頼性が高いと言えます。

いかがでしたでしょうか。「予防ワクチン」とは一見、安心感や安全性を強く受け止めると思いますが、中には接種することで未来や目標、希望を失うことになりかねません。また、常に風俗嬢と性病は紙一重ですから大きな病気になってしまう前に、年に1回は必ず定期検査を行ってほしいと願います。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP