トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗バイトを昼職の同僚にバレない方法!

風俗バイトを昼職の同僚にバレない方法!

風俗バイトを昼職の同僚にバレない方法!風俗のお仕事をしていると、最も気になる彼氏や同僚にバレてしまうリスク。特に会社の人にバレてしまうと最悪の場合、職場に居づらくなったりと辞めることになってしまうケースもあります。お金の為に風俗でバイトしているのに、昼のお仕事がなくなったら元も子もありませんよね。今回は、会社の同僚に風俗で働いているのがバレないために気をつけたいポイントを紹介します。

会社の近くの風俗店で働かない

風俗を副業にしていると、昼職終わりに移動時間を短縮するために、職場近くの風俗店に在籍する女の子もいます。
しかし、職場付近で働くと、自分は気付いていなくても会社の人に目撃されるリスクが高まります!
なので、身バレしなくない人は面倒でも最低電車で30分くらい離れた駅で働くのがベストです。デリヘルなど外へ出歩く機会が多い場合、サングラスや日傘を利用し、顔を見られないように対策をしましょう。

高級風俗店で働く

格安、大衆店よりも高級店で働く方が、客層がお金持ちのお客さんしか利用しないので同僚にバレるリスクが下がります。
「私なんか高級店なんて…」と思わないで下さい!!高級店はテクニックだけではなく、容姿が良くないと採用されないと自信が持てない女性もいると思いますが、実は普通体型で身体に傷痕やタトゥーなどが無ければ、採用してくれる風俗店はたくさんあるんですよ!!
ハードなサービスもありますが、格安、大衆店よりお客さん単価が高いので、同僚にバレたくない人は面接を受けてみて下さい♪

うっかり話さない

バレたくないと思っていても、ついつい口が滑って風俗で働いていると話してしまう女性も少なくありません。
特に風俗のお仕事での悩み相談は出来る人は限られていたり居ないことから、落ち込んでしまった時つい同僚や身近な人に話してしまいたくなる時もあるでしょう。

特に気をつけておきたい場面は、お酒の席です。気持ちが高まり秘密を話したくなる衝動にひかれてしまうことがあるので気をつけたいですよね。どうしても話したくなったりつい滑った場合は、しっかり口止めするのは勿論、口が固い同僚のみにするように心掛けましょう。

風俗の仕事道具は持ち込まない

昼職と掛け持ちしている女性にあるあるですが、面倒だからと風俗のお仕事バック等を会社に一緒に持ってきてしまうこと。
お仕事バックの中身は、大人のおもちゃ、ローション、コンドーム、名刺など、言い逃れできないようなアイテムがたくさん詰まっています。絶対バレたくない女性は、職場に風俗関係の道具等は持っていかないように注意しましょう。

風俗店によっては待機室にお仕事バッグを置ける場所があるところもありますが、無いお店であれば、駅などのコインロッカーを利用するなどして同僚に見られないようにしましょう。

まとめ

せっかく昼間のお仕事を頑張っていても、風俗バイトがバレて会社を辞めることになってしまったら、周りから信用を失うだけではなく後のキャリアにも響いてしまいます。
自分が風俗バイトをしいてることが同僚に感づかれないよう、面倒でも会社から離れた風俗店で働くなどし、細心の注意をはらいましょう!

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP