トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗店での「風紀」について

風俗店での「風紀」について

風俗店 風紀風俗嬢とお店の店長やスタッフと恋愛感情を持ち、交際することを「風紀」と言います。
どんな職場でも社内恋愛はありますが、風俗店の場合何かと面倒になりがちなので、できれば恋愛は違う所でしたいものです。しかし、そうはいっても慣れない世界に飛び込み、右も左も分からない状況の中、お店の店長やスタッフは快く受け入れ何でも相談できる心強い存在ですから、心を許してしまいやすくなってしまいます。ですから、スタッフとの距離が縮まり恋愛しやすい環境になってしまうのですね。

お店にバレるとクビ?!

まず、ほとんどの風俗店が「風紀」を禁止としています。
その理由として、カップルになるとスタッフと風俗嬢の間で特別扱い、嫉妬や痴情のもつれなどトラブルになりやすかったり、ネットで噂されては客足も遠のいてしまうことが挙げられます。また、お店にスタッフとの恋愛がバレてしまうと、辞めさせられる場合もあります。
お店によっては罰金を要するところもあり、その請求金額は50万円というお店もあるようです。また、どちらかが系列店に移籍させるお店もあります。それほど、風俗店での風紀はお店にとって不安でしかないので、高額な罰金やペナルティを定めているところが多いのです。
今現在、風紀を乱している人は、関係が公に出ないよう細心の注意を払った方が良さそうです。

お店に居づらくなる?!

スタッフと風紀していることが在籍している風俗嬢達にバレた時、罰金やペナルティだけではなく、人間関係のトラブルも発生することも。
自分は真剣に好きだったとしても、周りからはありもしない事を言われてしまうのは仕方ないのかもしれません。
他の風俗嬢と嫌な雰囲気になるとお店居づらくなりますし、結果お店を辞めざるを得ない可能性もあります。

スタッフにとってはメリット?!

風俗嬢がお店のスタッフと風紀すると、スタッフ側にはメリットが付くことも考えられます。
風紀とは多少異なりますが、「色管」というスタッフが疑似恋愛をする行為。風俗嬢の出勤を安定させるために、恋愛関係を匂わせて出勤をあおること。誰でも好きな人の期待にはなるべく応えたいとするもの。まさに、その心理を利用し、スタッフが色を使い、女の子の出勤を管理するのが「色管」です。女の子の出勤が管理できるのは、お店にとってはメリットですよね。そのため、両思いの風紀とは違い、放置されたりサディスティックな行為をされることも多いのです。

いくら禁止されている風紀でも、出会う場所がどこであろうと男と女ですから恋愛感情を持つのは自由です。
ただ、裸商売である風俗は上記で述べた関係になりやすいもの。恋愛の相手は、極力他の場所で見つける方が得策です。
「風紀」は面倒なことになりやすいので、できるだけ避けましょう。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP