トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗の面接でウケが良い・悪いワードって?

風俗の面接でウケが良い・悪いワードって?

風俗面接 ウケが良い言葉勇気を出して風俗店の面接に行ったのに不採用…。というのは誰でも嫌ですよね。
そこで今回は、風俗の面接でウケが良い言葉と悪い言葉をご紹介したいと思います。

面接でウケが良い言葉

先ず面接で受かるには、お店が何を求めているのか考えてみましょう。

週5働けます
長期間で働けます
時間に融通が利きます
当欠した事がない

というワードが風俗店側が喜ぶ言葉です。

週1日、2日しか働けない人よりも、たくさん出勤できる人の方がお店へ好印象です。女の子が少ない時に出勤できるのはお店的に重宝し、すぐにやめるよりも長く働いてくれる女の子いる方がお店として安定しますので、長期で働く場合は伝えましょう。
では長期間で働けますというワードが使えないと採用してもらえないの?と言うとそれは違います。
風俗で働く女の子はGWやお盆、正月の大型連休に帰省する子が多いので、そんな時期に女の子が足りなくて困っているお店は少なくありません。なのでそこは相談し、週2日しか働けないが、そういう日はフルタイムで出勤できます。土日祝日に出れるといったように伝えると受かりやすいです。
週5は出勤できないという人は、時間に融通が効くという点をアピールすると足りない出勤日数をカバーできますし、当欠が少ないなら尚のこと良いとお店側は考えます。

面接でウケが悪い言葉

風俗店が嫌がるワード1つ目は「本職の方を大切にしたい」です。
昼間のお仕事と夜は風俗で働くWワークしている女の子は少なくありません。風俗のお仕事が副業になると思いますが、このワードだと「風俗の仕事は二の次」だと考えていると思われ、風俗の仕事をおろそかにしてしまうのではないかと印象付けられてしまいます。
二つ目は「1日やってみて考えたい」というワードです。
せっかくプロフィールを作り準備したのに、1日数時間働いたらそれで終わり…なんていうのはお店側の気分が落ちます。最低でも何日以上は働きたい意思があると伝えるか、何も言わないことが一番良いです。
また、以前働いてた場合にその風俗店のことを出すことも嫌がられます。「これから今のお店で一生懸命やる」という意欲が薄れて聞こえるの注意しましょう。

風俗の面接で一番大切なこと

風俗の面接でウケが良い・悪いワードを紹介しましたが、本当に大切なことは「一生懸命頑張る」という意欲が大切です。
風俗のお仕事は、一般職よりどこかゆるいイメージがあると思います。しかし、実際風俗で働いている女の子達は日々売上げを上げるため懸命に責任を持ち仕事をしています。その気持ちを汲み取り「仕事として責任をもって懸命に頑張る」というアピールをしていきましょう。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP