トップページ > 広島風俗特集記事 > 本番を求めてくるお客さんへの断り文句

本番を求めてくるお客さんへの断り文句

本番を求めてくる お客さん風俗はソープ以外のデリヘルファッションヘルスでは、本番行為は禁止です。しかし、お客さんも禁止だと分かっていながら、本番を求めてくる人ってけっこういるんですよね。
風俗嬢にとって本番強要をどうかわすかは永遠の課題。ある程度風俗嬢をやっていると3回に1度は求められる程日常茶飯事なのだとか。
そんな風俗嬢の中には求められてどう断ればいいのか、その度に心折れそうになる女の子もいると思います。
そこで今回は、本番を求められた時に使ってほしい断り文句をご紹介します。

やんわり断る

「だめ!」「嫌!」とストレートでキツめの口調で言うと、お客さんが不機嫌になったり逆ギレしてしまい、お店のクレームに繋がってしまう可能性があります。
本番を求めてられた際は、その場の雰囲気を壊さず、また男性のプライドを傷つけないように、優しく断るのがポイントです。断り方一つで今後の指名や稼ぎに大きく関わってきます。

例)「ルール内で遊びましょうよ〜」「したくなったら私から襲うね(笑)」「期待に応えられなくてごめんなさい…」

キッパリ断る

何度もしつこく求めてくるお客さんに対しては、ズバっと断りましょう。
お店スタッフや店長のことを出すと、急に冷静になるお客さんもいます。それでも諦めてくれない場合は「お店に電話して本番して良いか聞いてみます!」と電話を掛けるフリをしても効果があります。(もちろんリアルに掛けてもOK!)

例)「クビになるので出来ません」「ごめんないさい。本番したかったらソープに行って下さい

上げて落として断る

今回はNGでもいつかOKになるかもしれない…、とお客さんに期待を抱かせ、断ったとしても相手の気分を盛り上げることも効果はありそうです。期待させる言葉を使いながら、笑顔で受け流しましょう。ギュっと抱きしめてあげることも、男性を萎えさせずにプレイを続けるテクニックのひとつです。

例)「◯◯さんの誘惑に負けそうだけど、お店のルールなんだよね」「あと◯回指名してくれたら、考えよっかな〜」

献身的サービス精神で断る

本番を求めてくる前の最大の予防対策は、一生懸命で献身的な姿を見せること!!です。
お客さんが本番をしたいという気持ちを、少しでも抑えるようにすることが一番の予防対策ではないでしょうか。
男性は性欲を満たしたい思いだけではなく、女の子との触れ合いや、精神的な癒しを求めて風俗に遊びにきます。なので、ただマニュアル通りで仕事をこなすのではなく、お客さんの満たされたい部分をどう埋めてあげらるか、どう伝えるか、がポイントです。
そのためには、お客さんが求める事(本番以外)をしっかり掴みアピールすることが大事です。

例)「本番はできないけど、その代わり気持ちよくなってもらえるように一生懸命頑張るね!」「思いっきり気持ちよくなってもらえるようにしちゃうから、そんなこと言わないで」

まとめ

今回は、本番を求めてくるお客さんへの断り文句についてご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?
大切なことは、一生懸命な姿と愛嬌をアピールすることです。
そして、本番を求められたからといって落ち込んだり軽蔑することなく寛大な気持ちでいることです。
しっかりと断ることも仕事の一貫だと思い、本番行為はしないようにしましょう。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP