トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗嬢が気をつけておきたい「細菌性膣炎」

風俗嬢が気をつけておきたい「細菌性膣炎」

風俗嬢 細菌性膣炎風俗のお仕事をしていく中で、気になるのがデリケートゾーンのニオイ。
あまりにもキツいニオイだとお客さんから印象がかなり落ちてしまいます。風俗嬢の中には「デリケートゾーンから臭ったことなんかない」という人はいますが、日々の生活習慣やストレスによってスグに免疫力が低下してしまう人が増えてます。免疫力低下によるデリケートゾーンのニオイの原因は様々あるのですが、その中でも「細菌性膣炎」になってしまった時の対処法やどんな症状なのか紹介したいとおもいます。

細菌性膣炎」とは…

細菌性膣炎とは、普段から女性の膣内にいる菌が異常繁殖することにより、善玉菌と殺菌のバランスが崩れ、膣内が炎症や臭いなどの症状を引き起こすことをいいます。
通常、女性の膣には善玉菌と乳酸菌によって酸性に保たれていますが、長くストレスが続いていたり、性行為のし過ぎによって免疫力が低下したときに、酸性の濃度が薄まり雑菌が繁殖してしまいます。
おりものの臭いが「腐った魚の臭い」「生ゴミの臭い」「強い生臭さ」。おりものの色が「灰色か黄色の水っぽい」「痒み」「腹部の痛み」などの症状がある人は、もしかして細菌性膣炎の可能性が…。

「細菌性膣炎」の治療&予防法

細菌性膣炎には、確実な治療法が存在していません。
いろいろな細菌が原因となり起こっているため、薬を投与しても増えている菌によっては効果がないこともあるようです。確実に直す方法はありませんので、一向に治らない場合は、様々な薬を試すこともあります。実際の治療法として膣錠や飲み薬を使う治療が一般的です。薬が効くと2〜3日で症状は消えます。ただ、細菌性膣炎は再発が多いので、長期間の治療に及ぶこともあります。
また、毎日の生活習慣の乱れを正し、免疫力を高めることを心がけましょう。ちなみに、よく笑うことで免疫力を高めることができると言われています。最近笑ってないなと感じている人は要注意です。

放っておくと「早産」や「性感染症」の原因に

細菌が増えると細菌性膣炎になりますが、それだけではおさまらず他の感染症の原因となることもあります。
感染をそのまま放置しておくと炎症が卵管へ達し、不妊症や流産、早産をまねく危険性が高くなります。
また、膣内の感染症は、現在HIV(エイズ)や子宮頸癌、卵管炎などの関連性に注目されています。膣内の炎症により防御機能が弱まることにより性感染症にかかりやすい状態になっていると考えられ、注意が必要です。
早期発見、早期治療のために、おかしいと思ったら早めに婦人科に受診し検査を一度は受けておくことをオススメします。

広島風俗求人サポートで稼げる風俗店を探そう!

いかがでしたでしょうか?風俗嬢が気をつけておきたい「細菌性膣炎」をご紹介いたしました。広島で稼げる風俗店を探すなら、「広島風俗求人サポート」におまかせください!当サポートでは、女性の働きやすさを一番に考える優良風俗店のみをご紹介いたします。保証つきの店舗をはじめ、ひとりひとりの希望条件に合わせた風俗店をお探しいたしますので、風俗未経験の方でも安心して優良風俗店からお店を選ぶことができます。

お問い合わせは下記のお問い合わせフォーム、お電話、LINEから!
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP