トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗嬢必見!痛みのしくみを知ろう!

風俗嬢必見!痛みのしくみを知ろう!

風俗嬢必見!痛み風俗嬢の皆さんは、普段から過酷な肢位での仕事となるために、痛みで悩んでいる人が多いようです。
では、痛みとはどのようにして起こるのか?痛みは、必要なのか?本日は、その痛みについてお話したいと思います。

痛みとはどのようなものなのか??

風俗嬢の皆さんもご経験があるかと思いますが、ドアに足を挟んだり、机の角に足をぶつけたりして、ものすごく痛いという思いをしたことがありますよね。みんな痛みなんてなければいいのにと思うかもしれませんが、痛みには重要な働きがあるのです。
痛みの役割としてあげられるのが、警告信号です。身体が危険に冒されたとき、人は痛みがあるからこそ危険を察し、危険から逃れることができます。実際に先天的に痛みを感じない先天性無痛症という病気がありますが、この病気の人は、痛みを感じないため怪我をしても気づきません。
そのため、手足が壊死をおこして致命的な障害をおうこともあります。
この意味で、痛みは身体を守るための大切なシステムなのです。
ドアに指を挟んだときに、無意識にその痛みから逃れようと身体が反応することがあります。このような現象は、逃避反射と呼ばれています。それでは、痛みはどのように伝わっていくのでしょうか?? 風俗嬢の皆さんも気になるところではないでしょうか??
痛みは、まず受容器と呼ばれるセンサーで化学刺激などの様々な刺激を感じ取ります。
受容器の種類により決められた電線のような役割である神経によって後根神経節を介して脊髄に送られます。
最終的には、痛みセンターとなる大脳皮質や大脳辺縁系などへ送られ痛みとして認知するのです。
このように痛みは、単純に感じますが、とても複雑で繊細なのです。風俗嬢の皆さんもお分かり頂けたのではないでしょうか??

痛い刺激のもととは??

痛みとは、どのようなものなのかが理解できたところで、次は痛みのもととは何かを探って生きたいと思います。
指を切ったりして、なぜ痛いと感じるのか?それは、受容体と言われる部分が痛みを捉えて、それを受容器が電気的な信号に変えることで脳に痛みの信号を伝えているのです。
痛みを発生させる受容器には、高閾値侵害受容器があります。高閾値侵害受容器は、特定の痛み刺激に対して反応しるタイプの受容器になります。一方、熱や化学刺激などの刺激に反応するタイプの受容器にポリモーダル受容器というのがあります。高閾値機械受容器は、強い刺激のみ反応します。ポリモーダル受容器は、実際痛みを感じていない非侵害レベルから反応し、特定の刺激ではなく様々な刺激に反応する受容器になります。
このように痛みの種類によっても反応する受容器が違います。痛みは、複雑なシステムであることが、風俗嬢の皆さんにもわかって頂けたのではないでしょうか??痛みを引き起こす原因に熱刺激、冷刺激、化学刺激、機械刺激たくさんの種類があります。
しかし、どの受容体もどの刺激に反応するわけではありません。受容体は、受容器の表面にあり、自分に関係した刺激がくると反応します。
このように受容体によって痛みとなってあらわれるのです。人間の身体は複雑で繊細ですよね。
風俗嬢の皆さんも、ただ痛いということだけではなく、このようなシステムを理解した上で自分の痛みと向き合うのもいいかもしれませんね。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP