トップページ > 広島風俗特集記事 > 交通事故にあってしまったら・・・

交通事故にあってしまったら・・・

交通事故にあってしまったら思いがけずに起こるのが、突然の事故ですよね。経験がある風俗嬢も多いとは思いますが、これは避けようと思っていてもできないですよね。そんな突然の出来事にあたふたしないためにも、交通事故に起こってしまったときの対処法をお伝えしたいと思います。風俗嬢の皆さんも備えあれば憂いなしですよ。

交通事故にあったときには・・・

まずは被害者である場合には、落ち着いて警察に連絡します。怪我をしている時は、相手や近くの人に呼びかけて救急車を呼んでもらいます。救急車が来るまでに、相手の身元を教えてもらいます。
その際は、免許証や保険証を提示してもらって嘘のないようにきちんと確認しましょう。また誰か事故を見ていた人がいたら、きちんと証言してもらうように声をかけておきましょう。

交通事故に遭遇してしまった場合も同じです。一番大事なのは、怪我人の搬出を第一に考えましょう。特に交通量の多い交差点での事故は、後続車にひかれてしまうなどの二次災害を引き起こしてしまう危険性もあるので注意が必要です。
まずは、怪我をしている人を安全な場所に移動させてすみやかに救急車に電話します。その際は、状況なども詳しく伝えるようにしましょう。事故後しばらくしてから症状がでることも多々あります。交通事故にあった際には、目立った外傷がなくても救急車を呼んでおくとよいでしょう。

事故にあったらすぐに保険会社に連絡を入れます。そのためにも、普段から利用している保険会社の連絡先は把握しておくようにしましょう。怪我の状況を把握するためにも、病院で医師の診断をうけるようにしておきましょう。レントゲンやMRIは、自分の身を守るためにも受けておくことが重要です。のちに脳梗塞や脳内出血などを引き起こすこともあるので、しっかりとした診断をうけておきます。そして、診断書も必ずもらうようにします。後に保険の請求の際に使用したりします。また、事故証明の際に警察署に提出するので使用します。

交通事故にあった際の注意点

事故にあってしまったら、まずは保険会社に連絡をするのは理解できたとは思いますが、あとは保険会社同士の話し合いになることが多いです。気をつけることは、安易に謝ったりしないこと。謝ることで落ち度を認めてしまうことにもつながってしまうので、言葉を発するときは注意するようにしましょう。

そして、その場では示談に応じたりしないようにしましょう。事故後、しばらくして後遺症がでてきた場合でも示談してしまえば、泣き寝入りすることになってしまいます。そんなことがないように責められてきても保険会社を通して下さいとはっきり相手側に伝えるようにして下さいね。こちらが自転車で、相手がバイクという事故の場合は、自転車が壊れている可能性もあるので、怪我が治癒したらすぐに自転車の状態を確認するようにしましょう。後に壊れていると騒いでも修理代はこっち持ちなんてこともあるようです。怪我の状態がよくないようなら、家族の人に伝えて確認してもらうのもいいかもしれません。
やはり加害者には、誠意のある対応をしてもらいたいものですよね。あまり感じのよくない加害者の場合には、期待せずにあとは保険会社を通してやり取りするようにしましょう。
交通事故は、いつあいかわかりません。事前の心構えによって、いざ起きたときに冷静に対処できるので、ぜひ風俗嬢の皆さんも覚えておくようにしましょうね。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP