トップページ > 広島風俗特集記事 > キレイになる睡眠法

キレイになる睡眠法

風俗嬢と睡眠眠りは甘い誘惑。気温が下ってきたこの時期、温かい布団と心地よい枕でぐっすり眠り、疲れもとれた朝の目覚めは、まさに天国ですよね。毛布をはねのけて起きると、すべてが明るく輝いて見える。しかし風俗嬢のみなさんは、そうした朝を迎えることはなかなか難しいかもしれません。不規則な仕事柄、実践するのは難しいかもしれませんが、もっとすこやかな夜の眠りを得られるように、風俗嬢のみなさんに基本の睡眠方法をここでご紹介したいと思います。
疲れを癒し、しっかり休息がとれる睡眠のためには、就寝時間と起床時間を守ることがなによりも重要です。体内時計の調整の仕方を学ぶと、からだはいつ眠って、いつ起きるかを自然に覚えてくれます。

規則正しい生活がすべて

●毎日同じ時間に起きる
夜の快眠は実際には朝から始まります。目を開いた瞬間、朝の光が視神経を通って脳の体内時計を刺激し、それが成長や生殖、食事、睡眠、思考、記憶を管理するさまざまなホルモンの分泌を促します。毎分毎秒、あなたがどう感じるかもそうしたホルモンに影響をされているのです。「太陽の光が脳を起動させる」といいます。毎朝同じ時刻に脳を起動させることで、体内時計がリセットされ、その指令を受けたからだは、真夜中には眠った状態に、正午には目覚めている状態にしようと努めます。毎日バラバラの時間に起きていると、体内時計に狂いが生じてきます。すると、疲れが抜けなかったり、二日酔いが何時間も続いたりしてしまい、自分の能力をフルに活用できる状態にはなりません。

●眠いときだけ布団に入る
ただ疲れているからというだけで、ベッドに向かわないこと。眠くなった状態というのは、まぶたが重くなり、他人の話が頭に入らなくなった状態です。

●布団のなかにとどまらない
午後11時半から午前2時まで眠り、それから2時間は何度も目が覚めてよく眠れず、また4時から6時に眠り戻すとすると、実際には4時間半の睡眠しかとっていないことになります。この状態は、眠りたいという衝動にブレーキをかけ、不眠の原因にもなります。この悪循環を防ぐため、午前2時に目が覚めてしまったら、起き上がってリビングへいき、本でも読むようにしましょう。起きていることで眠気が高まってくるので、十分に眠くなったところでベッドに戻ります。つまり、目が覚めているときにはベッドの中にとどまらないようにするということです。眠れないのにベッドにいると、あなたの脳は、ベッドを眠った状態より、目が覚めた状態と結びつけるようになってしまいます。すると、それが「きっと眠れない!」というやっかいな不安に変わり、ベッドに入るたびに脳が覚醒して、慢性的な不眠へと発展する原因になるのです。

●1時間のリラックスタイムをつくる
床に就く直前の1時間をリラックスタイムにしましょう。とくに電子機器に振り回されないようにしましょう。携帯電話が鳴ったとたん、あなたは緊張します。電話が頻繁に鳴れば、緊張を解いているひまもなくなってしまいます。それによって、夜も緊張をほぐすことはむずかしくなり、そのため眠れなくなります。少なくとも、ベッドに入る直前に携帯をチェックするのはやめましょう。寝る前にモニターの光を見るだけでも、睡眠と覚醒のサイクルをリセットしてしまうのに十分で、眠くなるのを3時間遅らせてしまいます。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP