トップページ > 広島風俗特集記事 > 花粉症を乗り切るコツ

花粉症を乗り切るコツ

風俗嬢の花粉症風俗嬢のみなさんは花粉症ですか?いまは、ブタクサやヨモギの飛散時期で、この時期もクシャミや鼻水に悩まされているひとは少なくないのではないでしょうか。朝から晩まで、さらに寝ているときでさえ安眠を妨げる苦しい花粉症ですが、今のところ花粉症の特効薬は存在しません。これをすれば治るという絶対的な治療法はなく、民間療法に頼る部分が大きいのも現状です。ただ花粉症のなりやすさは生来の体質にもよりますが、それより日頃の生活習慣の影響が大きいため、日頃のちょっとした工夫と努力でその症状を和らげることが可能です。ここでは、花粉シーズンを乗りきる知恵と方法を少しご紹介します。できるところから取り入れて、つらい季節を少しでも快適に過ごしてくださいね。

ライフスタイルを見直そう!

●シーズン中は毎日掃除が基本
花粉のシーズンは、毎日何かしらの経路で花粉が入ってくると覚悟しておくべき。こまめに掃除をすることが大事です。掃除の際はマスクとメガネを装着し、髪はバンダナなどで覆うようにします。窓は花粉が入ってこないよう、掃除中も閉めたままで。久しぶりの掃除でホコリが多いなど、どうしても換気が必要な場合は、短時間だけ開けてすぐ閉めるようにします。窓を開けるときカーテンだけでも閉めておけば、花粉の侵入を減らせます。

●屋内で布団を干す
朝起きたら室内布団干しに布団を掛けておきます。睡眠中にかく汗は一晩でコップ一杯(180cc)ほどなので、日中、布団干しに掛けておけば、夜には十分に湿気が取れています。布団に向けて扇風機を回したり、日光のよく当たる窓際に置いたりすると、より短時間で湿気が飛びます。あるいは、寝るときに布団パッドなどを敷いておけば、布団に湿気が移るのを防げます。パッドだけ外して洗濯・乾燥させればいいので、布団干しの回数を減らすことができます。

●室内の湿度を高めにキープする
花粉の粒子は、温度が高く乾燥したところでは、床に落ちるのが遅くなって空気中に長く浮遊します。逆に湿気のあるところでは水を含み、早く落下します。つまり、乾燥した部屋では浮遊する花粉の量も多くなり、鼻や目に入る量もそれだけ増えることになります。温度と湿度の関係で言えば、部屋の温度が高いと湿度が下り、空気中の花粉の量が増えます。空気中の花粉が速やかに床に落ちて舞い上がりにくい湿度は50~55%、室温20~25℃。とくに就寝中は、鼻やノドの保温のためにも、湿度高めをキープしたいものです。

●睡眠不足のままがんばらないで
喫煙、飲酒、睡眠6時間以内の人は、禁酒、禁煙、睡眠6時間以上の人たちに比べて、花粉症の症状が重い傾向にあります。睡眠時間が足りないと、集中力の低下、脳機能の低下、循環器機能の低下、肥満といったさまざまな悪影響が現れます。その中には、感染リスクが増大する免疫機能の低下も。睡眠不足の状態が続いて免疫力が低下すると、アレルギー疾患の発症リスクが増えて、花粉症の症状が悪化しやすくなるのです。疲れや眠気を感じたら、ムリをしないで身体を休ませることが大切です。ほんの15分間でも昼寝をした後は、頭がすっきりし身体もラクになって、効率よく仕事が進められるはずです。花粉症の薬には、副作用として眠気をもよおすタイプもあります。この場合にもチョイ寝は有効です。チョイ寝は机にうつ伏せるなどの楽な姿勢でOKです。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP