トップページ > 広島風俗特集記事 > ランジェリーの選びかた

ランジェリーの選びかた

ランジェリーの選び方お仕事柄、下着に気を使っている風俗嬢は多いと思います。売られている商品は、色や素材もどれを選んだらいいか迷うほど種類が豊富で、より美しく見えるかたちのブラジャーやショーツも多数出てきました。
しかし、正しい知識をもたず、かわいい安いからと目先の判断だけで選び、自分のからだにあっていない下着をしつづけると…美しくなるどころか皮膚や姿勢に大きな負担をかけてしまいます。そこで、今回は、女性ならだれでもが毎日つきあうブラジャーの正しい選びかたをご紹介します!

ブラジャーの正しい選びかた

いまあなたが着けているブラジャーが、ほんとうに自分のからだにフィットしているかどうかを見ていきましょう。新しくブラジャーを買うときも忘れずチェックしましょう。

○ブラジャーの選びかたのポイント

⑴ アンダーバストとあっていますか?
ブラジャーを着けたら、いちばんはじめにチェックしてほしいのがアンダーの安定性です。まずはその場で肩や手を回してみてください。アンダーがずれるようでは、そのブラジャーはあなたにとってほんとうのサイズではありません。もう一度メジャーで正確に測って確かめるようにしましょう。

⑵ バージンラインとあっていますか?
「バージンライン」とは、乳房下辺のまるい輪郭線のこと。ワイヤーがあたって痛かったり、バージンラインにくっきり跡が残ったりしてはいませんか?赤く跡がついているようなら、カップのカーブがあなたのバージンラインとあっていないのです。

⑶ ブラジャーの中心が浮いていませんか?
ブラジャーの中心に指が一本入る程度なら大丈夫です。もし2本3本と入るようなら、バストのボリュームがカップの分量に対して足りないということです。

⑷ 乳頭がつぶされていませんか?
乳頭がつぶされていたらサイズがまちがっているか、カップとバストのかたちがあっていないかのいずれかが考えられます。カップは心もち余裕があるくらいがベストです。

⑸ バストトップの位置はあっていますか?
乳間が広いひとが乳間のせまいタイプのブラジャーを着けていると、カップのトップより外側に乳頭の位置がきてしまいます。すると、バストのかたちを崩してしまうおそれがあるので気をつけましょう。

⑹ ストラップでバストを吊りすぎてはいませんか?
実はブラジャーを脇で支えていれば、ストラップにたよる必要はないのです。ストラップは少しゆるめで、つらない程度に長さを調節しましょう。

⑺ カップの上辺がくいこんではいませんか?
カップの上辺がくいこんでいたりはりついていたりすると、手や肩が動きにくくなるはずです。
もしも上辺がきついと感じたら、カップの大きさやトップバストをもう一度あわせなおしてみましょう。

⑻ カップが上を向いていますか?
バストを高く上向きにしっかりと支えるタイプが理想のブラジャーです。また、バストの下面積が安定してバストトップが上を向いているのが美しいとされています。

⑼ 脇からお肉がはみ出していませんか?
ほんとうのサイズより小さかったりカップがあっていなければ、バストのお肉がサイドへと流れてしまいます。バストの形が崩れてしまうので、きちんとカップのなかに入れてあげましょう。

⑽ ホックは肩甲骨の下にきていますか?
ストラップを調整しても水平にならなければ、サイズがまちがっているということです。後ろのアンダーラインにシワが寄っていたり、もちあがったりしてはいませんか?

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP