トップページ > 広島風俗特集記事 > 愛犬のお悩み解決!

愛犬のお悩み解決!

愛犬のお悩み解決犬は本当にかわいくて、愛おしい、癒しの存在です。そんな犬との素敵な暮らしを思い描き、犬を飼い始めた風俗嬢も多いのではないでしょうか。
しかし実際に飼ってみると、大変なこともいっぱい。抱いていたイメージとは違い「こんなはずじゃなかった!」ということも多いはずです。とくにペットショップから子犬を迎えた飼い主さんは、多くの悩みを抱えているようです。夜鳴きをされたり、いろいろなところにおしっこをされたり…。吠えられたり、噛みつかれたりし、いうことを聞いてくれなくなることも。「この犬はだめな子なのかな」と深刻に悩んでしまう飼い主さんもいます。でも心配はいりません。そういった子は、親犬やきょうだいから教えてもらうはずのルールを学んでいないだけなのです。それなら飼い主さんが教えてあげましょう。ほとんどの犬の行動には、それをする理由があります。問題行動の意味を理解し、お互いが歩み寄れる解決法を探していきましょう。

犬の「困った」別、お悩み解決方法をいくつかお教えします!

さわろうとすると噛む
むやみに噛む動物ではない犬が噛んでくるということは、その子がそうまでしてやめてほしいと思っているということです。たとえば、飼い主さんにたたかれてしまった経験のある子は、手が近づくとたたかれると思って、防衛的に噛むことも。このように飼い主さんが先に攻撃したことが原因となっていることが多くあります。また、犬の体に痛みがある場合も、さわろうとすると噛むので要注意です。愛犬が噛むことよりも「飼い主さんが自分にいやなことをする」と学習してしまったことのほうが重大な問題です。さらに怖い経験をさせないように気をつけながら、許してくれるのを待ちましょう。

トイレの場所を覚えない
犬にはなんらかの理由でお気に入りの場所を決めるという習性があります。その習性をいかしてトイレを教えられます。なぜトイレを覚えない犬がいるのかというと、それは飼い主さんがしっかり教えられていないから。成功したのに見ていなかったり、ご褒美のおやつが、犬ががんばってトイレで排泄してまで欲しいと思えないものだったりすると、なかなか学習してくれません。犬は経験で学習する動物です。トイレを覚えさせるには、失敗を叱るのではなく、正しい場所で排泄したときに、何回ほめられたかが重要になります。トイレでおしっこができたらしっかりほめましょう!

留守番をいやがって吠える
留守番中の犬は不安がいっぱいです。警戒心の強い子だと、小さな物音がしただけで、不安を感じて吠えてしまうこともあります。また留守番がじょうずにできるかどうかは、その犬の気質に関係していることもあります。母犬が環境の悪い場所で暮らしていたために体にストレスがかかっていた場合、その子どもは神経質だったり、不安になりやすい気質だったりすることがあります。出かけるときは、あっさりと出かけましょう。お別れが盛り上がるほど、飼い主さんが去ったあとの喪失感も大きくなります。吠えないで留守番できるようにするには、愛犬とよい距離感をもつことが大切です。いつもべったりしていると、いなくなったときの不安も大きくなります。一緒にいても、ときにはかまうことをやめ、お互いが別々に過ごす時間をしっかりとつくりましょう。犬に「あきらめ」と「がまん」を教えることが、お互いに心地よく暮らすことにも役立ちます。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP