トップページ > 広島風俗特集記事 > 妊娠中の風俗嬢へ

妊娠中の風俗嬢へ

風俗嬢の妊娠について、食材のコラム待望の赤ちゃんを妊娠して、お仕事を休んでいるなんていう風俗嬢もいると思います。自宅でゆっくりのんびり過ごしていますか?赤ちゃんにとっては、お母さんの穏やかな日常生活も大事な瞬間になるんですよ。

妊娠中の過ごし方とは??

妊娠中は、穏やかな日常を過ごすことが、とても大事になってきますが、それに伴い食事はとても重要です。
妊娠早期は、レバーなどのビタミンAを多く含む食材は控えめにしましょう。
妊娠したラットに大量のビタミンAの餌を与えると、その胎児に奇形を引き起こします。また、妊娠した妊婦を調査したところ、大量のビタミンAを摂取した人の方が胎児の奇形がよく診られました。普段、毎日の摂取量以上をとると奇形になるリスクが増えます。3000u~5000uぐらいで十分です。
毎日、15000uくらいを超えると危険性がますようですので、妊娠中の風俗嬢は気を付けるようにしましょう。魚の肝油とカルシウムも控えめにしましょう。
魚の肝油には、豊富なビタミンA、Dが含まれているので、それらを摂りすぎると、脱毛や皮膚のかゆみ、食欲不振、アレルギー、出血、筋肉の無力感、嘔吐、不整脈などの症状を引き起こす可能性があります。どのくらいの量が適量なのかは、医師の指示に従いましょう。カルシウムを摂りすぎると、胎児の骨格が硬くなりすぎて、出産に支障をきたすので、気を付けましょう。
そして、肉類の食べ過ぎや魚介類が極端に少なくなると、タウリンがなくなり、胎児の目の発達に悪影響を及ぼします。逆に摂りすぎると、アレルギーを引き起こします。新鮮な小エビや魚を適度に摂りましょう。

流産を引き起こす食材とは?

妊娠中の風俗嬢にとって、流産はなんとしても避けたいですね。流産を引き起こしてしまう食材もあるので、きちんと把握するようにしましょうね。
酒粕は、アルコールを含むため、食べ過ぎないようにしましょう。普段、あまり食べていない味や魚介類は胃腸を損ない、またアレルギーを引き起こしやすい為、避けましょう。
また、味はなるべく薄い味にしましょう。
もちろん、脂っこい食べ物や塩辛い食べ物もNGです。
妊娠中といえば、酸っぱい食べ物を食べたくなることが多いのですが、取りすぎると奇形の原因になってしまいます。アスピリンや大量の合成ビタミンCも、早期流産をおこしやすくなります。漢方薬のサンザシは、子宮を収縮させて、流産を引き起こす恐れがあります。このように流産になりやすい食材がありますので、気を付けながら食べなければいけません。
妊娠中は、栄養たっぷりの食事を必要とされます。体型などを気にしてしまって、ダイエットなんて本末転倒な話です。
妊娠中は、そのような事を考えるのは、やめて赤ちゃんの事だけを考えるようにしましょうね。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP