トップページ > 広島風俗特集記事 > 不妊症でお悩みの風俗嬢へ

不妊症でお悩みの風俗嬢へ

風俗嬢・不妊症のお悩み少子化といわれている現代において、不妊症で悩んでいる風俗嬢も多いのが現状です。
不妊の問題は、女性だけに限らず、今やパートナーの問題でもあります。
夫婦一緒に考える必要があるのです。
本日は、不妊症についてお話したいと思います。

元気な子供を産むための条件とは?

子どもを作るうえで、相手の外見や教養、社会的背景、性格などは、風俗嬢の皆さんも良く考えていると思います。しかし、見た目や体だけでなく、大事なことは生殖器の状態なのです。
今や、婚前検査といって、結婚する前に遺伝病などの子供に悪影響を与える問題を調べることができます。
てんかん、奇形、知能低下、精神病なども婚前検査でわかるのです。そういった検査も、利用することで、結婚後妊娠できないからと悩むこともなくなるかもしれません。
もしかしたら、遺伝的なことで不妊となっていることもあるかもしれないのです。
法律上結婚が認められているのは、女性は16歳からですが、実際の女性の成熟期は23歳前後なのです。
その時期が、一番妊娠して出産をする時期としては、本当に適齢といえるでしょう。
しかし、女性の社会進出で、女性が活躍する場面も増えてきた為、晩婚化に拍車がかかってしまいました。
女性がもっと子供が産みやすい環境になれば、少子化や不妊の問題もここまで深刻にならずにすんだかもしれません。
晩婚化によって、高齢出産も増えています。高齢妊娠のリスクとしては、卵巣機能が低下して環境汚染の影響が若い時期より増加します。
奇形児や知能低下の子供を出産する恐れがあります。

不妊症にならないためには?

まずは、基礎体温をまめにつけることです。基礎体温の測定を続けていくと、2.3か月でリズムがわかってきます。排卵前日に体温が下降し、最低点は排卵日、あとは上昇し、12~16日間で、再び下降して月経が始まります。
排卵日が近くなると、おりものの粘調度は急にさらさらになり、量も少し増加します。
そして、体の症状として、左右のどちらかの下腹部に刺すような痛みが急にきます。
少量の出血やおりものの色の変化がおき、首や背中、あるいは全身がだるくなったり、イライラしたりするような症状が表れます。
基礎体温の計測は、不妊症を改善するうえで、重要になりすので、不妊でお悩みの風俗嬢は、まめに計測するようにしてくださいね。
風俗嬢に多いのが、性病感染による不妊症です。
不特定多数の人と性行為があるため、性病に感染しているケースがあり、性病は不妊症に至ってしまうリスクが大きいのです。
日本の性病、とくにクラミジア感染の年齢層は年々若くなる傾向があり、症状がなくても胎児に悪影響を及ぼしたり、エイズなどの2次感染が起こりやすくなるという深刻な問題があります。
やはり、性病にならないように今から気を付けて生活する必要があります。
風俗嬢の皆さん、いかがでしたか?
不妊の問題も、夫婦で協力し合って、乗り越えて行ってください。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP