トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗嬢に教えたい上手な断り方

風俗嬢に教えたい上手な断り方

上手な断り方風俗嬢は、常にプライベートでお客さんに誘われたりすると思いますが、やはり断るべきところははっきり伝える必要があります。しかし、断り方も思いやりをもって断らなければ、仕事にも影響でてしまいます。

上手な断り方とは??

風俗嬢も、仕事で誘われたときの断り方には、困ってしまうことが多々あると思いますが、断り方によって、マイルドに断れるだけでなく、デキる人に見える効果もあるので、基本パターンを覚えておきましょう。
1、 まことに不本意ではありますが、「本当はやりたいのですが」
という気持ちを表現する断り文句です。
2、 今回は見合わせることになってしまいました。
次回があるという含みを持たせるほか「やりたかったのですが」という気持ちを表現する断り文句です。
3、 お気持ちは重々わかるのですが。
相手が食い下がってきた時に使う断り文句です。
4、 ご容赦ください。
いい加減にしてほしいと思った時に使う断り文句です。
5、せっかくですが、お気持ちだけ頂戴いたします。
相手からの提案、譲歩、贈り物などを受けられない時に使います。
6、 そのような大役、私には荷が重すぎます。
面倒な役などを断る時の決まり文句です。
断り文句を組み立てる公式の最初のひとことは残念な気持ちを表現する言葉。
誘ってくれたことに対しての配慮になるだけでなく、断れれる側に心の準備ができるというメリットがあります。
同じ相手からの誘いを何度も断ることもあると思いますので、いくつかバリエーションを用意しておきましょう。
残念な気持ちを表現する言葉1)「せっかく声を掛けていただいたのに…」
残念な気持ちを表現する言葉2)「願ってもない機会なのですが…」
残念な気持ちを表現する言葉3)「ぜひ行きたいのですが…」
「なんだそんなこと…」と思う方もいらっしゃると思いますが、この「残念な気持ちを伝える」という技に磨きをかけると、NOと言わずに断る裏ワザが使えるようになります。
Noと言わずに断る裏技
NOと言わずに断る、表情豊かに残念な気持ちを伝えれば、NOを言わずに断れる残念系の言葉に、精一杯の表情をプラスして悔しがりましょう。
NOと言わずに断れるだけでなく、断られたほうのダメージも少なくなります。
効果的に使うポイントは二つ。
直接NOと言わないことと、表情をつかって大げさに悔しがることです。
ここぞという時に試してみてください。

断り上手で人間関係も円滑に!

風俗嬢の皆さんは、困った頼みごとを引き受けちゃう人でしょうか?
職場でいつも面倒くさい仕事や休日出勤を頼まれたり、バイト先でクリスマスにシフトに入れられたり、PTAの役員をお願いされてしまったり…そんなときに無理して引き受けてしまう「いい人」のアナタ、要注意ですよ。
そうやって無理しているうちにストレスや不満がたまってしまい、周囲の人とギクシャクしたり、無理して引き受けた仕事をこなせずにトラブルになってしまったり、不本意な結果になってしまうかもしれません。好きでもない相手にあいまいな返事をしたことでストーカー被害にあってしまうような深刻なケースも考えられます。
断り上手になって、自己主張できるようになると、不必要なストレスをためずにすみますし、かえって周囲からの信頼感もアップします。相手を傷つけない上手な断り方を知って日常生活に活かしてくださいね!
断り方の基本は、「相手の気持ちになること」。自分が言われて嫌な断り方はしない。
相手からの誘いや依頼を断るときにまず気をつけたいことは、相手のプライドを傷つけるような話し方をしないことです。
それでは相手がプライドを傷つけられるような話し方にはどんな特徴があるでしょうか?
1.言葉づかいがきつい
たとえば「無理です」「そう言われても…」「なんで私なんですか」のように、断りたい気持ちが先に立ってしまい、自分本位な感情的な言葉を使ってしまうと、相手はムッとしてしまうでしょう。
職場やバイト先では職を失ってしまうことも。友人相手でもこういう話し方を続けていると、友情にヒビが入ってしまいかねません。
2.あいまいな言い方でうやむやに返事をする
「ちょっとその日は無理なんですけど…」(じゃあ別の日なら大丈夫なのか?)、「興味はあるんですけど…」(…それでどうしたいの?)などと語尾をあいまいにしてしまうと、相手をいらだたせてしまったり、困らせてしまうことになります。
風俗嬢の皆さんも、言葉にはくれぐれも注意を払いながら、上手にお断りしてください。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP