トップページ > 広島風俗特集記事 > しわを作る紫外線に注意!

しわを作る紫外線に注意!

風俗嬢と紫外線この時期は、紫外線が強くシミを心配している風俗嬢も多いはず。しかし紫外線は、シミだけでなく、しわをも作ってしまう厄介なものなのです。そこで本日は、紫外線としわについてお話したいと思います。

しわの原因とは?

しわの原因で一番に思いつくのは、乾燥だと思いますが、実は紫外線もその1つ。
では、紫外線によって、しわはどのようにつくられるのでしょうか?
紫外線は、日焼けというイメージがあると思いますが、光老化をおこすのです。
紫外線によって、コラーゲンに包まれているはずの皮膚が弾力を失いしわとなって表れてしまうのです。
紫外線は、わずかな時間あびただけでもしわを引き起こしてしまうのです。
紫外線には、UV-AとUV-Bがあります。このUV-Aは、皮膚の線維を壊す特質を持っています。
UV-Bは、皮膚にシミを作ったりするのです。
しわを気にしているのであれば、UV-A対策をしっかりとる必要がありそうですね。
短時間でも、紫外線をあびればしわになるということなら、通勤時間やちょっとした移動時間もきにしなければいけません。
夜は、紫外線に関しては、あまり気にする必要ななさそうです。やはり、太陽と密接に関係しているため、夜働いている風俗嬢は、大丈夫そうですね。
紫外線は、午前10時から午後2時ころが一番多いと言われています。この時間帯は、太陽がもっとも高いとされている時間帯。
この時間帯の移動は、注意しましょう!
また、曇り空の時の紫外線ですが、晴れの時の方が多いですが、太陽が隠れているからといって、紫外線がないわけではないので、油断しないようにしてくださいね。

紫外線対策とは??

やはり、一番の対策は日焼け止めでしょうか?上記でお話した通り、UV-Bの対策をしっかりする必要があります。
とはいっても、今の日焼け止めは、AとBの両方に作用するものが多くでているため、そこまで意識する必要もなさそうですね。
日焼け止めは、汗で流れてしまったり、汗を拭きとるときに一緒に拭いてしまったりすることがあるので、まめに塗らなければいけません。
また、塗っているときにむらになるのも気を付けなければいけません。
日焼け止めは、きれいに正しく塗らないと効果がでません。日焼け止めに大事なのは、ずばり塗る量です。
顔全体だと500円玉くらいのおおきさと同じくらいの量が必要となります。
この量を一度に塗るのは、とても難しいですよね。
2回に分けて、すこしずつ塗るようにしましょう。
日焼け止めは、まずスキンケアした後に、額、両頬、鼻、顎にわけてのせて、そこから円を描くように、優しく顔全体に広げていきます。
顔全体に浸透するまで、マッサージするように日焼け止めを塗っていきます。
顔だけではなく、首筋も忘れないようにしてくださいね。
風俗嬢の皆さん、いかがでしたか?日焼け止め対策をしっかりとして、しわを予防してね。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP