トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗の女の子もよく食べる、バナナが危ない!

風俗の女の子もよく食べる、バナナが危ない!

banana最近、出回っている8割のバナナがフィリピン産なのですが、農薬の心配があるのです。
フィリピン産のバナナは、防カビ剤と言われるベノミルなどの殺菌剤や、TBZ、イマザリルを使っているのです。
それに比べて、台湾産は、防腐剤に使用しているミョウバンがまだましという報告がなされているのですが、どちらにしても子供をもつ風俗嬢や美容をきにする風俗嬢にとっては、とても深刻な話題と言えます。
それも、これらの防カビ剤などは、バナナの皮には残らないというのです。
果肉の中までしみこんでいるバナナを、私たちは知らずに食べている可能性が大きいのです。
また、ドールバナナ社は、果実栽培のため発がん性物質である農薬のネマゴンを使用していたとして、裁判となっています。とても有名なドール社ですが、その会社でさえも組織ぐるみでやっているのです。なんとも情けない状況であります。
フィリピンで働くドール社の農園で働く人たちに、体の異常を訴える人も出てきているといいます。
それは、がんや失明などの重い症状なのです。
このことからの、使っている農薬の恐ろしさを感じます。
バナナアレルギーをも引き起こすしまう、今のバナナ・・・。

症状としては、胃がもたれる、舌がしびれた感じがある、口の中がかゆくなるなど様々な 症状をもたらしています。赤ちゃんには、とても食べさせられません。
重症化してしまうと、じんましんや下痢症状、アナフィラキシーショックといったこともあります。
赤ちゃんをお持ちの風俗嬢は、特に注意してくださいね。
確かにバナナは、栄養豊富で安くて優秀な食べ物といえますが、赤ちゃんは、消化器官も未熟であるために、いろいろな食べ物を食べることはあまりおすすめ致しません。

美味しいバナナの見分け方

でも、やっぱりバナナが食べたいと思っている風俗嬢のために、安全なバナナの見分け方をご紹介致します。
バナナは、上記でお話した通りに農薬が果肉にも残留していることがほとんどです。
しかし、フィリピン産よりは台湾産の方が安全ですので、ぜひこちらをお選びください。
ホストハーベスト農薬という言葉を耳にすることも多いと思いますが、こちらは収穫後にカビが生えたりしないようにバナナに直接かける農薬です。
それは、収穫する際に 時間をかけて運搬されるのですが、運搬途中で虫に食べられたりしないようにするため に使用します。これを、子どもが直接手で皮をむくことを考えると、本当に恐ろしくなります。
しかし、今やお店によってはホストハーベストフリーのバナナを販売している所もあるので、そういうところで購入するようにしましょう。 また、バナナはシュガースポットがでているバナナを選ぶことがよいとされています。
完熟度が高くて、一番の食べ頃ですので、ぜひバナナを選ぶときの参考にしてみてくださいね!

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP