トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗嬢の体を線維筋痛症が襲う!

風俗嬢の体を線維筋痛症が襲う!

全身の筋肉に強い痛みを感じることはありませんか??もしかしたら、それは線維筋痛 症の症状かもしれません。仕事どころじゃなくなり、日常生活にも支障がでてしまう 場合も。そこで、本日は、線維筋痛症についてお話したいと思います。

線維筋痛症とは??

線維筋痛症とは、全身の関節や筋肉などが痛む原因不明の病気です。まだまだ、認知度 も低いので、医者の診断がなかなかつかない場合もあります。
病院によっては、ただの 気のせいだと片づけられてしまうこともあり、症状のある風俗嬢にとっても、 辛い毎日を過ごすことになります。
ただ、最近は医者の間でも認知度も高まり、研究 や治療がすすめられています。それでも、まだまだ解明されない部分もあるので、 これからの医療に期待するしかありません。
線維筋痛症の症状としては、全身の痛みの他に、疲労感や倦怠感、こわばりや睡眠障害など様々な症状が表れます。原因はわかっていない部分の方が多いのですが、有力な説としては、脳の異常ではないかと考えられています。
大まかに説明しますと、脳が痛みを感じる信号に障害がおきて、通常では痛みを感じない程度の弱い刺激でも、 強い痛みを感じるようになります。
脳には痛みの信号を伝える機能と信号を抑える機能が、何らかの原因でこの機能に「誤作動」が生じ、ブレーキが効かない状態もしくはアクセルを踏み過ぎた状態となるという ことです。
そのため、検査しても異常はみられず、発見しづらいということになります。
こうした誤作動は、心理的ストレスや社会的ストレスがきっかけとなることが多いのです。

線維筋痛症の治療とは??

やはり、原因が分かっていない部分があるので、根治療法はまだありません。
主に薬物治療を用いられることが多いです。
抗うつ薬や抗けいれん薬が使用されますが、副作用も懸念されます。副作用としては、ふらつきやめまい、眠気、だるさ、浮腫などがあります。
やはり、ずっと薬を服用することに抵抗があるという風俗嬢は、鍼灸やマッサージ、リラクゼーション、ヨガや気功をおすすめ致します。
線維筋痛症は、うつ病と合併することもあり、そう状態や抑うつ状態を繰り返したりすることもあるため注意が必要となります。治療で漢方を用いられることもあります。症状によっては、1ヵ月で症状が落ち着き、良く寝れるようになり、痛みもなくなったという人も。
やはり、自分にあった治療法をみつけることが最善の策といえるでしょう。
線維筋痛症になる人の特徴として、あげられるのが、頑張ってしまう風俗嬢であるということ。ストレスさえも感じさせないほど、弱音を吐かずにがんばってしまう人は注意が必要です。毎日、子育てや仕事や家事に追われてしまい、知らないうちに体がむしばまれていることもあります。
風俗嬢のみなさんも、忙しいからといって、頑張りすぎずに、体の声をきちんと聴いてみましょう!!

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP