トップページ > 広島風俗特集記事 > 今から美味しいとうもろこし

今から美味しいとうもろこし

風俗嬢も、よく食べるとうもろこし。今からとうもろこしが美味しい季節になってきましたね。
とうもろこしは、どんな料理にでも合うという万能食材としても有名です。
本日は、そんなとうもろこしについてお話したいと思います

とうもろこしの栄養素とは??

とうもろこしは実はおいしいだけじゃないのです。
身体のエネルギーになる炭水化物を主として、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどのビタミン群、リノール酸、 食物繊維、そしてカルシウム、マグネシウムなどの各種ミネラルをバランスよく含んで いる栄養豊富な食品なのです。とくに、食物繊維の量は他の野菜や穀類と比べても、 多くふくまれている食品のひとつといえます。
栄養素は胚芽部分に多くありますので、まるごとおいしくいただきましょう。
とうもろこしに含まれる主要な栄養素と、その働きについてご紹介していきます。
○炭水化物(糖質) 炭水化物は私たちの身体のエネルギー源となる非常に重要な栄養素です。
脳のエネ ルギー源にもなりますので、体を動かすだけじゃなく、頭を動かす際にも必要な栄養です。
○ビタミンB1 健康な食生活ビタミンB1は、糖分をエネルギーに分解する酵素を助ける役割があります。ビタミンB1を摂取することで、身体にエネルギーを効率よくまわすことができます。
○ビタミンB2 ビタミンB2は身体の新陳代謝を助ける栄養素で、特に皮膚や粘膜などの健康維持や エネルギーの代謝を助ける栄養素といわれています。ビタミンB2を摂取することで、 私たちの身体の健康状態を保つのに役立ちます。
○ビタミンE ビタミンビタミンEは強い抗酸化作用をもっており、細胞や身体の組織を活性酸素から まもる役割を持つ栄養素です。活性酸素は非常に酸化しやすい性質をもっており、 場合によっては私たちの身体を傷つけてしまうことがあります。細胞を活性酸素から 護ることでがんの予防につながり、赤血球をまもる事で貧血の要望にもなります。
○リノール酸 リノール酸は私たちの体内で合成することができない必須脂肪酸のひとつです。
そのため、食事から摂取することが必要な栄養素です。
○食物繊維 食物繊維食物繊維は私たちの体内では消化されない食べ物の中にある成分のことを 指します。直接私たちのカラダやエネルギーとなるわけではありませんが、排泄の促進、 有害ミネラル排出などの効果があります。
○各種ミネラル 各種ミネラルとしまして、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄分のはたらきを 紹介します。
・カルシウム:骨の主成分になるカルシウムは、脳や筋肉の活動にも関係います。
・マグネシウム:たんぱく質の合成や、エネルギーの代謝に必要です。
・カリウム:カリウムは細胞内外のイオンバランスを調整し、カラダの健康を保つ役割
・鉄分:鉄分は大部分が血液中の赤血球の中にあり、肺から吸い込んだ酸素を体中に 運ぶ役割をしています。
そのため、鉄分摂取は貧血予防に効果があります。
風俗嬢は、絶対摂取したい栄養素ばかりですね。
積極的にとるようにしましょう!

とうもろこしの美味しい食べ方とは?

とうもろこしに含まれるでんぷんは、糊化(こか)するときに多くの水分を必要とする。 そのため、水からゆでることで、とうもろこしの粒の薄い膜が水をたっぷりとり込み、 ふっくらジューシーなゆで上がりになったのである。 電子レンジでチンするだけでOKなのです。葉っぱを剥く必要もありません。しかも5分 くらいでできちゃいますよ。 美味しいとうもろこしの選び方は、まず外の皮が新鮮なものにしぼって選んでいくと いいでしょう。多少の傷はかまわないが、皮がしなしなだったりくすんでいるような ものは避けるべきです。
先端のひげは褐色あるいは黒褐色のものが完熟しています。
スィートコーン(トウモロコシ)は鮮度落ちがとても速い食材で、常温だと24時間もすれば糖分がでんぷんに変化して美味しさが半減すると言われています。
なので、採れたての物かどうかが選ぶ大きなポイントとなります。
ずっしりと重く、粒が揃っているものがおいしいとうもろこしです。
風俗嬢の皆さん、いかがでしたか??
美味しいとうもろこしを、美味しい食べ方で 試してみてくださいね。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP