トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗嬢を襲う歯周病

風俗嬢を襲う歯周病

風俗嬢の皆さんは、たかが歯周病だと思っていませんか??歯周病を放っておくと、 全身に影響を及ぼしてしまうこともあります。歯周病は、毎日の生活習慣から くるものでもあるので、きちんと予防をしたいですよね。

風俗嬢の皆さん、歯周病は口が臭くなる原因です。

風俗嬢の皆さんは、たかが歯周病だと思っていませんか??歯周病を放っておくと、 全身に影響を及ぼしてしまうこともあります。歯周病は、毎日の生活習慣からくるものでもあるので、きちんと予防をしたいですよね。

歯周病とは??

日本人の成人の80%がかっている病気で歯を失う一番多い原因が歯周病によるものです。
風俗嬢も、普段からお客様と接する仕事ではあるので、歯周病には気を付けたいところですよね。
歯周病とはプラーク(細菌の塊)によって歯の周りの骨が溶け、 歯が揺れたり、歯茎が腫れたりして、最終的には歯が抜けてしまう病気です。

初めの段階では症状が無い為に’気づかないうちに進行してしまいます。
☆セルフチェック
■朝起きたとき、口の中がネバネバする。
■ブラッシング時に出血する。
■口臭が気になる。
■歯肉がむずがゆい、痛い。
■歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
■かたい物が噛みにくい。
■歯が長くなったような気がする。
■前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。
食物が挟まる。
※上記の項目3つあてはまる時は、 油断は禁物です。
ご自分および歯医者さんで予防するように努めましょう。
上記の項目6つあてはまる歯周病が進行している可能性があります。
※上記の項目全てあてはまる 歯周病の症状がかなり進んでいます。
風俗嬢の皆さん、いかがでしたか??
歯周病は、大丈夫でしたか??

歯周病ケアとは??

若い時は免疫力が高いためにプラークが歯茎に侵入してきても、歯茎が腫れる程度 (歯肉炎)です。
年齢とともに免疫力が衰えるとプラークの侵入で骨まで溶かしてしまいます。
これが歯周病です。免疫力が下がった分デンタルフロスやメンテナンスで体の抵抗力を助けてあげる必要があります。
歯周病によって溶かされた骨は回復させるのに外科的な処置が必要となります。
また、 回復させることができない場合もあります。
20代後半から始まる歯周病に対してどうすれば歯周病にならないか、進行を止めることができるのかの知識があり、 実行できれば歯周病に悩まされなくて済みます。
歯周病はプラークとの戦いであり、毎日、毎食後細菌と戦っています。
誰かが毎食後 歯を磨いてくれることはなく、自分で磨かなければ誰も助けてはくれないのです。
一時的には歯医者で磨いてもらったり、歯石を取ったりして、よくはなりますがすぐに元に戻ってしまいます。
歯がある限りこの戦いは続き、負けると総入れ歯になり終わります。
プラークコントロールとは歯ブラシやデンタルフロスなどを使ってプラーク(歯垢)を付けないようにコントロールすることです。
プラークコントロールを完璧に行うことができれば治療の90%は終了です。
なぜなら歯周病の原因であるプラークは毎日お口の中に発生し、それを毎日取り続けなくては歯周病は改善しないのです。
いくら高価な治療や痛い治療をしても毎日のプラークコントロールができなければ全て無になってしまいます。
プラークコントロールを実践するとまず歯茎からの出血が驚くほど減ります。
また歯茎の腫れや口臭も激減します。なぜならお口の中の細菌の80%は歯の周りに付いているプラークの中にいるからです。
歯茎が引き締まると歯周ポケットが減り、プラークが隠れる場所もなくなるため、ますますお口の中が改善していきます。 風俗嬢の皆さん、いかがでしたか?
毎日の歯磨きが一番大事ですよ。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP