トップページ > 広島風俗特集記事 > 巨大地震!避難生活の必需品

巨大地震!避難生活の必需品

震度7を観測した熊本地震での被害は、すさまじいものでした。
いつどのくらいの規模の
地震が起きるかは、もはや予測不可能です。

風俗で働く女の子も巨大地震に備えが必要!

風俗嬢の皆さんも、営業中に巨大地震が
おきたらと考えれば、今から備えが必要なはずですね。


必需品リストとは??


大地震発生後、本格的な救援活動が開始されるまでには3日ほど見ておく必要がある
といわれる。
その間をしのぎ、避難所や自宅などで過ごすには、「必需品」は不可欠。

食料は3日分は必需品。
保存期間が長く、火を通さずに食べられるものが便利なため、
缶詰、インスタントラーメン、乾パンが定番だ。「あると便利な品」の一覧にあるよう
に、高カロリーのチョコレートは体力の消耗を防いでくれる。糖分補給はキャラメルも
いい。水だけで戻せるアルファー化米も便利。
調味料は軽い割に体力を保つ効果がある。
家屋に損傷がなく自宅で過ごす場合でも、ライフライン、特にガスは復旧が遅いことも
あるため、カセットコンロがあると温かい食べ物が食べられる。紙コップや紙皿も重宝
するはずだ。飲料水は3日分、最低1人1日3リットルは必要だ。水以外では甘くない
飲料がおすすめだ。
けがをしたり体調を崩すこともあるので、傷薬、胃腸薬、かぜ薬、
消毒薬などは必需品。
とげ抜きもあった方がいい。当然ながら、持病のある人は常用薬、
女性は生理用品、赤ちゃんにはミルクや紙おむつは欠かせない。
懐中電灯や携帯ラジオは必携だが、交換用の乾電池も忘れないようにしたい。

日用品はちり紙、缶切り、マッチなど、衣類は毛布、下着など、貴重品は現金、印鑑、
預金通帳などを忘れずに。トイレットペーパーはかさばらぬよう芯を抜いてつぶして
おくのがコツだ。
自動販売機などでの買い物に小銭は多い方がいい。
阪神大震災の経験者らに聞いてみると、意外に役立つ品も多い。
キッチン用のラップは
体に巻き付けると止血や防寒に役立つし、食器にかぶせて食べ終わったらラップだけ
捨てれば、断水で食器が洗えなくても衛生的。粘着テープは散乱したガラス片などを
取り除くのに有効だ。
また眼鏡やコンタクトレンズが必要な人は、震災で眼鏡が割れ
たりした場合、前に使っていたものでもいいので予備の眼鏡があるといい。ライターも、
できれば防風にすぐれたオイルライターが使いやすい。

風俗嬢の皆さん、災害に備えて必需品を備蓄しておく必要がありそうですね。

地震のための心構えとは??


必需品がわかったところで、地震が発生したときの心構えをお伝えしましょう!
1.まず身の安全を確保 
丈夫なテーブルや机の下に隠れ、落下物などから身を守る。

2.慌てて屋外に飛び出さない 
大きな揺れに驚いて、とっさに屋外に飛び出してしまうのは大変危険。外に出る場合は、
揺れがおさまった後、瓦や看板など頭上の落下物に十分注意して。

3.すばやく火の始末 
地震が発生した際の火の始末は、火災を防ぐ重要なポイント。でも、タイミングを
間違えるとかえって思わぬケガをすることもあるので、揺れの大きさを判断し落ち
着いて火の始末をしましょう。
4.扉や窓を開けて脱出口を確保 
地震によって建物が歪み、出入り口が開かなくなる場合がある。

5.家具から離れる 
特に、観音開き食器棚などは、中の物が一気に飛び出すので大変危険。また、本棚や
食器棚などの下敷きになってしまうと、大ケガをするばかりか身動きがとれなくなり
避難できなくなることも…。

6.室内のガラスの破片に注意 
地震の後、最も多いケガはガラスの破片などによる切り傷。裸足で歩き回らずスリッパ
などをはいて行動するようにしよう。あらかじめ各部屋にスリッパを用意しておくことも
大切。
風俗嬢の皆さん、いかがでしたか?やはり、慌てず冷静な判断が必要です。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP