トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗嬢も困惑!尿漏れ!

風俗嬢も困惑!尿漏れ!

尿漏れといれば、高齢のイメージがありますが、そんなことはありません!
若い風俗嬢の間でも深刻な悩みとなっています。 尿漏れの原因をきちんと理解することで、お悩みのあなたも診察をうけてみようという気持ちになるかもしれません。 本日は、尿漏れについてお話したいと思います。

尿漏れとは??

「尿漏れ」と聞くと高齢者の病気の一つというイメージですが、くしゃみや大笑いなどで「あっ!」と感じる事はありませんか。
産後女性と高齢者の40%位が「尿漏れ」経験のある人がいます。しかし、最近では20代からの若年層での「尿漏れ」がメディアで取り挙げられるようになりました。 早い人は10代から経験しているそうです。

以前は「失禁」となるとなかなか相談したり、病院へ行く事が恥ずかしいと思う人が多かったそうです。
現在はインターネットや女性の社会進出に伴い多くの情報や病院での診察が明るみに出るようになりました。

もともと男性に比べると、女性は「尿漏れ」経験者が多いそうです。 ちょっとした動作の合間やくしゃみ、大笑いと日常のなかで経験しているがあまり深く考えていないという方が多いのではないでしょうか。

そもそも「尿漏れ」はタイプとしては3タイプ存在します。1つ目は「腹圧性尿失禁」2つ目は「切迫性尿失禁」そして、この二つが混合した「混合性尿失禁」です。
20年代女性から増えるタイプは「腹圧性尿失禁」が多いと言われています。
増える傾向原因としては現代ならではの生活スタイルにあるのではないでしょうか。

尿漏れの原因とは?

キーポイントとなるのは「骨盤底筋」です。
「筋」とつくので「筋肉」に間違いは無いのですが、「膀胱」「子宮」「直腸」など下腹部を支える筋肉です。
他の筋肉に比べ、非常にしなやかな作りの筋肉です。 女性の体は「恥骨」「膀胱」「子宮」「直腸」の順に後ろに向って並んでいます。
「骨盤底筋」はもともと4つの筋肉の総称で、特に「排泄」部門にあたる「尿道」や「肛門」の開け閉めに関係しています。
「腹圧性尿失禁」はこの「骨盤底筋」の「ゆるみ」による事が原因で起こります。
なぜ「ゆるむ」のかと言いますと、長年言われているのが「加齢」と「出産」です。
年を取ると体の筋肉が衰えるのと同じように「骨盤底筋」も衰えます。
高齢者向けの尿とりパットが多く出回るのもうなずけたかと思います。
出産では普段小さな「子宮」を倍以上膨らませ、総重量10キロの重さを骨盤底筋にかけます。
容易に想像がつくかと思いますが、筋肉は負荷がかかり伸び伸びです。
出産後は回復するのですが、近年では「骨盤」を早く締めようとする商品が多く出回っています。
骨盤を早く締めようとすると、まだ戻りきらない「子宮」を圧迫し、結果的に骨盤底筋に負荷をかけてしまいます。
この結果、産後20代女性の「腹圧性尿失禁」は増加傾向にあります。
出産経験の無い女性の原因として考えられるのは近年流行中の「ヒールの高い靴」による「下半身弱体」が考えられます。ヒールの高い靴はつま先に重心が行き姿勢を悪くします。 結果、前かがみで足を引きずるような歩き方の女性が多くなりました。「骨盤底筋」はしっかり下半身を使う事で鍛えられる筋肉なのです。
しっかり歩けない事でいつの間にか「骨盤底筋」は緩んでしまっているのです。 正しい歩き方が「骨盤底筋」の強化に繋がります。

風俗嬢の皆さん、いかがでしたか?尿漏れだと深刻に考えすぎずに、できることから始めてみてはいかがでしょうか?

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP