トップページ > 広島風俗特集記事 > 震災に備えての準備

震災に備えての準備

震災に備えての準備 東日本大震災から5年がたちましたね。風俗嬢の皆さんは、震災に備えての準備はしていますか?いざという時の為に、きちんとした準備をしておきましょうね。本日は、家庭で 取り組むべき対策をご紹介致します。これだけ抑えておけば、災害がきてもあわてること はありません。

地震に供えて

地震では、多くの方が倒れてきた家具の下敷きになって亡くなったり、大けがをします。大地震が発生したときには「家具は必ず倒れるもの」と考えて、転倒防止対策を講じて おく必要があります。
そこで、3つのポイントをお教え致します。
①家具が転倒しないよう、家具は壁に固定しましょう
②寝室や子ども部屋には、できるだけ家具を置かないようにしましょう。置く場合も、 なるべく背の低い家具にするとともに、倒れた時に出入り口をふさいだりしないよう、 家具の向きや配置を工夫しましょう
③手の届くところに、懐中電灯やスリッパ、ホイッスルを備えておきましょう そして、いざ家具が倒れないためには、固定することが大事です。タンス •床側をストッパーなどで固定し、天井側はポール式器具で固定する。 食器棚 •L字型金具やワイヤーなどで壁に固定し、開き戸には開かないように留め金を 付ける。 本棚 •L字型金具やワイヤーなどで壁に固定し、重い本は下の段に テレビ •粘着 マットを敷いて転倒を防ぐとともに、機器の裏側をワイヤーなどで壁やテレビボードに 固定する。
冷蔵庫 •裏側をワイヤーなどで壁に固定する 窓ガラス •強化ガラスに替え たり、飛散防止フィルムを張ったりする。
風俗嬢の皆さん、固定するなんてめんどくさいなんて思っていませんか。しかし、命を 守ることにつながるので、ぜひ行ってくださいね。

必要な備品は??

震災では、ライフラインがとまってしまいます。風俗嬢の皆さんも、電気やガス、 水道などのライフラインが止まった場合に備えて、普段から飲料水や非常食などを備蓄して必要があります。では、早速必要なものをご紹介致します。
•飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)
•非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、 乾パンなど
•トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセット コンロ など
※ 非常に広い地域に甚大な被害が及ぶ可能性のある南海トラフ巨大地震では、 「1週間分以上」の備蓄が望ましいとの指摘もあります。
※ 飲料水とは別に、トイレを流したりするための生活用水も必要です。日頃から、 水道水を入れたポリタンクを用意する、お風呂の水をいつも張っておく、などの備えをしておきましょう。
また、自宅が被災したときは、安全な場所に避難し避難生活を送ることになります。
非常時に持ち出すべきものをあらかじめリュックサックに詰めておき、 いつでもすぐに持ち出せるようにしておきましょう。
•飲料水 •食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
•貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)
•救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
•ヘルメット、防災ずきん
•マスク
•軍手
•懐中電灯
•衣類
•下着
•毛布、タオル
•携帯ラジオ、予備電池
•携帯電話の充電器
•使い捨てカイロ
•ウェットティッシュ
•洗面用具
•携帯トイレ
※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。 いつくるかわからない災害・・・。風俗嬢の皆さんも、しっかり準備しておいてくださいね。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP