風俗嬢のADHD

実は、ADHDだったという風俗嬢も少なくありません。ADHD・・・聞きなれない言葉だとは思いますが、大人になってから発症するものではないので、子どものときから症状がでていたという事が考えられます。本日は、ADHDについてお話したいと思います。

ADHDとは??

不注意、多動性、衝動性という3 つの症状に、子どものころからずっと悩まされており、多くの人は自分なりの工夫や対策を考えて努力していますが、それにもかかわらず、状況が改善せず大人になり、うまく生活することができず困っているのです。
「片づけられない」「段取りが組めない」「優先順位がつけられない」・・・。
・座っているべきときに落ち着いて座っていることが難しい
・遊びや余暇活動におとなしく参加することが難しい
・過度におしゃべりをする
・落ち着かない感じ
・貧乏ゆすりなど、目的のない動き
・質問が終わらないうちに出し抜けに答えてしまう
・順番を待つのが難しい
・他の人がしていることをさえぎったり、邪魔したりしてしまう
・思ったことをすぐに口にしてしまう
・衝動買いをしてしまう
・仕事などでケアレスミスをする
・忘れ物、なくし物が多い
・約束を守れない、間に合わない
・時間管理が苦手
・仕事や作業を順序だてて行うことが苦手
・片付けるのが苦手
風俗嬢の皆さん、このような症状でお悩みではありませんか??子供のときから、このような事で怒られたりしていませんか??
もしかしたら、その症状はADHDかもしれません。
困っているようなら、専門の医師に詳しく説明するといいかもしれませんね。
ただ、こうした症状がある人がすべてADHDというわけではありません。ADHDに似た症状を示す障害は他にもあるため、最終的な診断をくだすためには、他の障害や病気ではないことを確認する必要があります。
また、ADHDに他の障害や病気が合併していると、ADHDの症状が見極めにくくなったり、治療効果や将来に影響を及ぼしたりする可能性があるため、合併症の有無も適切に診断する必要があります。

ADHDの治療法

ADHDは治療できるのかどうか、気になりますよね。
ADHDの治療は、
環境調整などの心理社会的治療からはじめます。心理社会的治療の効果や、周囲との状況から判断し、必要であれば薬による治療を組み合わせていきます。
治療の継続によって、日々の生活の中で改善している点を感じることが増えていくでしょう。
それはあなたの努力による結果です。ご自分の変化を自覚し、自信につなげてください。職場や学校、家庭で困っていた状態が好転し、それが十分な期間維持できたら、今後の治療の必要性を再検討します。 薬の中断はタイミングも重要ですので、あせらずに十分な期間をとり、服用を中止するときは、必ず医師と相談して決めましょう。
しばらく様子を見て、ご自身で生活を組み立てる自信がつき、周囲と折り合いをつけることができるようになれば、治療は終了となります。
環境や状況の著しい変化などにより症状コントロールが困難になるような場合は、再び治療が必要になることもあります。必要なときに必要な支援を受けられることが大切です。ADHDかもしれないという風俗嬢は、早めの受診をおすすめ致します。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP