トップページ > 広島風俗特集記事 > 耳鳴りの症状でお悩みの風俗嬢へ

耳鳴りの症状でお悩みの風俗嬢へ

耳鳴り最近、耳鳴りがするとお悩みではありませんか?耳鳴りは、早めの治療で早期に治る場合があります。しかし、耳鳴りの音の種類が大きく関係しているようです。風俗嬢の皆さんの症状はいかがですか?本日は、耳鳴りについてお話したいと思います。

耳鳴りの症状とは

一般的に「耳鳴り」と聞くと、 突然ピーやキーンといった音が聞こえてきて、数秒したら消えていく。そんなイメージがあることでしょう。また、これくらいの耳鳴りであれば、経験されたことがある方は、非常に多いことと思います。
しかし、こうした一時的な耳鳴りにお困りなのではなくて、何日も、あるいは何ヶ月も、もしくは何年も「鳴り続けていて困っている」という状況の方が深刻なのです。
一時的なものでおさまっていれば、 特に不安を引きずることもなく、気にせず過ごしていくことが出来ます。しかし、本当に悩んでいる方は症状が頻繁に発生したり、24時間365日いつまでも鳴っている、あるいは精神的に追い込まれるほど、鳴り響いて仕方がない状況に陥っているという風俗嬢が増えているようです。
耳鳴りの音は、「ジー」というセミの鳴き声のような音と、「キーン」という金属音のような音が最も多く、その次に多かったのは、「ピー」という電子音のような音です。
しかし、耳鳴りの種類には、根拠の確実性はないのです。

耳鳴りの治療とは?

どのような耳鳴りであっても、「病院で処方されるお薬のパターンがだいたい同じ種類にまとまっている」ということがあげられます。それはつまるところ、音の種類を意識して原因箇所を特定し、その箇所に合わせた治療が試みられているというよりも、「とにかく耳鳴りは病的に異常が確認できないから、診断名としてはコレで処方はコレ」といったように、ある種のパターンが組まれて、対応されているのが現状のようです。

その主なパターンとしては、まず「診断名による振り分け」から入ります。耳鳴りの悩みで診察を受けたとしても、 「耳鳴り病」という病名はありませんから、だいたいは次の病名を告げられることが多くなるようです。

1.突発性難聴
2.メニエール病(蝸牛型メニエール病)
3.急性低音障害型感音難聴

他にも耳管狭窄症や耳管解放症といったものもありますが、ほとんどの場合、上記の診断名を告げられているパターンが多いです。そして特に注目すべきは、上記の「病気」と言われているものの原因は、すべて「原因不明」とされていることです。
つまり、作用機序(発生メカニズム)は何も確認できておらず、名前だけが作られて今に至っているということです。
自律神経の乱れによる慢性化の流れをたどり、処方されるお薬は、以下の通りです。

例えば、 目の前の耳鳴り患者さんを「突発性難聴」と診断した場合は、初期の場合はステロイド剤による治療を試みます。聴覚に関わる神経に炎症が起きて、耳鳴りが発生しているのではないだろうかということで、炎症を鎮めるために投与します。
しかし、ステロイド治療が効かなかった場合、「取りあえず」ということで、以下の処方によって試みられます。
・末梢神経の改善(主にメチコバールが多い)
・血流の促進(主にアデホスコーワが多い。昔はストミンAも多かった)
・精神安定、睡眠導入(デパス、マイスリー、レンドルミン、レキソタン等々)

このことからもわかるように、治療法はこのくらいになってしまうようです。深刻なお悩みの風俗嬢の方は、早めの受診をして、あまり先延ばしにしないようにしましょう!

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP