トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗嬢に告知!あぶないカプサイシン!

風俗嬢に告知!あぶないカプサイシン!

ダイエットにも効果があるとして、注目されているカプサイシン。風俗嬢の間でも、
とても注目されています。ただ、最近わかったのがカプサイシンの危ない効果。
きちんと摂取しなければ、体に多大な影響を与えてしまうことも

カプサイシンとは??

風俗嬢の間では、ダイエット効果があるとして注目されていますが、トウガラシの果実に含まれる辛味成分です。 皮膚に塗るとその部分の血管が拡張し発赤・充血を生じる。 特性として、脂溶性の無色の結晶で、アルコールには溶けやすいが冷水にはほとんど溶けない。
摂取すると受容体活性化チャネルのひとつである TRPV1を刺激し、実際に温度が上昇しないものの激しい灼熱感をひきおこす。この機構はメントールによる冷刺激と同じ。
また、痛覚神経を刺激し、局所刺激作用あるいは辛味を感じさせる。体内に吸収されたカプサイシンは、脳に運ばれて内臓感覚神経に働き、副腎のアドレナリンの分泌を活発にさせ、発汗及び強心作用を促す。

カプサイシンが与える影響とは?

カプサイシンは唐辛子を日常的に食べる韓国においても、この成分は毒性があるということが認められています。ヨーロッパの国の中には、キムチの輸入はしないという決定をして、カプサイシンの毒性成分に注目している国もあるようです。
毎日キムチなんかを食べている風俗嬢は、気を付けなければいけませんね。
カプサイシンは、単体では問題ないが、他の物質と同時に摂取すると癌発生を促進する機能を備えていることが明らかにされた。
体脂肪を燃やすなどのダイエット効果、健康増進効果があると俗に言われているが、国立健康・栄養研究所によれば、経口摂取によるカプサイシンの有効性に関して、ヒトでの信頼できるデータは見当たらないようです。
カプサイシンは、脳にも影響を与えるようです。
人間は刺激や痛みを感じると脳に大きなストレスがかかるため、その回避行動として副腎からアドレナリンが分泌されます。
アドレナリンにはストレスと闘うはたらきがありますが、あまり過剰に分泌されると大脳辺縁系の扁桃体や海馬が損傷を受け、パニック障害やウツ、睡眠障害などの精神疾患をわずらう場合があります。これらの症状は『火病』と呼ばれており、日常的かつ大量に唐辛子を摂取する 韓国人特有の精神疾患のひとつとして数えられています。 実際、カプサイシンには致死量というものがあり、体重1kgあたり60~75mgに相当するカプサイシンを摂取すると死に至る可能性があります。

たとえば体重60kgの人の場合、60kg×60~75mg=3600~4500mgのカプサイシンを 一度に摂取すると命に危険が及ぶことになります。 ただ、カプサイシンは唐辛子1gあたりに約3mgしか含まれておらず、最低でも1kg の唐辛子を食べないと致死量に至ることはありませんが、とても注意して 摂取する必要がありますよね。風俗嬢の皆さんも、正しい知識のもとカプサイシンを 摂取してくださいね。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP