トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗嬢が刺青除去するわけ

風俗嬢が刺青除去するわけ

今、刺青をいれた風俗嬢が、こぞって除去しているといいます。若気の至りで何気なく いれた刺青だったのですが、年を重ねるにつれてそれ刺青によって不便な生活を 強いられてしまっていることが除去理由の1つのようです。
刺青除去するためには?
やはり刺青除去には、多額の費用がかかります。その費用を稼ぐために、風俗嬢として働いている人もいるようです。
では、刺青除去とはどのようなものなのでしょうか?
刺青除去するためには、3種類あるようです。

①レーザー除去

スイッチNa-YAGレーザーは、光をためこんで一気にストロボのように発光させ照射します。
一度に大きな値の光量で瞬時に患部へ作用し、刺青を除去します。
老人性色素班、花弁性色素班、雀卵班(そばかす)、扁平母斑、赤色系の刺青の除去、黒色系の刺青の除去、外傷性刺青、真皮メラノサイトーシスなどの風俗嬢には、こちらのレーザー除去がおすすめのようです。
特に太田母斑、老人性色素斑、扁平母班、雀卵斑、刺青などの深部に及ぶシミやアザに効果があります。

②切除による除去

タトゥーの入った箇所の皮膚を切り取り縫い合わせる方法です。
広範囲の刺青をとりたい方や、傷は目立っても早急に刺青である事が判らなくなる事を 望む方、結婚や就職前の方におすすめの除去法です。
風俗嬢は、このタイプで早くとりたいという人が多いようですね。

③皮膚移植による除去

刺青除去(皮膚移植)とは、皮膚を浅く削り、ご自身の臀部などから皮膚を自家移植する方法です。
広範囲の刺青に適しており、かなり広い範囲でも可能です。
デメリットとしては、移植された皮膚は周囲の皮膚と質感が異なるため、目立つ場合もあります。
皮膚を採った場所にも傷跡が残るため、刺青を除去した場所と皮膚を採った場所の2箇所に傷跡が残る事になります。広範囲の刺青をとりたい方、傷は目立っても早急に刺青である事が判らなくなる事を望む方や、結婚や就職前の方に向いています。

刺青を消す難しさは??

色々な切除法があることは、風俗嬢も理解できたかと思いますが、傷跡を残さずにタトゥーを除去するのは絶対に不可能です。
どうして、傷跡を残さずにタトゥーを消すことは不可能なのかというと、皮膚は、浅く薄い表皮と分厚い真皮で構成されています。
タトゥーは、表皮の一番下の「基底層」よりも深い部位である、真皮層にまで墨を入れます。
お肌のターンオーバーは基底層から始まっており、それ以下の部分はターンオーバーしません。
そのため、基底層やそれよりも深い部分に傷がつくと必ず傷跡が残ってしまうというのが、皮膚科・美容皮膚科をはじめ、形成外科・美容外科が持つ共通の意見です。
おそらく、今後どんなに医学・医療が進歩しても、まったく傷を残さずに消すことは不可能であるようです。
だから、技術や経験が豊富な医師を選び、削皮を受けるのがおすすめです。
それ以外の治療は、タトゥーが薄くなるだけで消えなかったり、後遺症や傷跡に苦しむことが多いことも、風俗嬢の皆さんは、年頭にいれる必要があるようですね。
いずれを選ぶにしろ、手術は全くと言っていいほどやり直しが効きませんので、十分に検討をしてから決めるようにしてくださいね。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP