トップページ > 広島風俗特集記事 > 性器が痒いときはどうしたらいい?

性器が痒いときはどうしたらいい?

デリケートゾーンの悩みは誰にも相談しにくいものですよね。
風俗店で働いていると、なおさら性器への刺激も多くなると思います。「なんだか性器が痒い…」なんて感じたことはありませんか?
痒いからといって掻き続けていては、逆効果。「掻いてはいけない」と分かっていても、なかなか痒みに耐えることも苦痛ですよね。

今回は、性器の痒みと対策についてご紹介していきたいと思います。

痒いと感じる理由

ショーツやストッキング、ナプキンなどによって、女性の性器は群れやすいもの。
「こんなに痒いなんて、もしかして病気!?」と思う方も多いですが、ショーツによる蒸れやおりものやナプキンによる皮膚のこすれ、汗などが原因で、重い病気ではないことが大半です。
下着をはじめとする衣服によって空気が通りにくく籠りやすい陰部(性器)はどうしても痒みを引き起こします。
ナプキンを着用する生理中に「痒い」と感じることが多いと言われています。

最近は吸収性に長けたナプキンが多数発売されており、汚れてないという理由でナプキンを変えないということも…。しかしこれが痒みを引き起こす要因に。
目でみて汚れていないと思っても、湿気や蒸れで雑菌が広がってしまい、かゆみの要因となります。
こまめにナプキンを換えたり、ウォッシュレットの「ビデ」を使うなどして、性器を清潔にしておきましょう。

痒み予防法

この性器の痒みは特に敏感肌やアレルギー体質の人が感じることが多い傾向があります。
日常的には問題がなくても、風俗で働いているストレスで身体が疲労感を感じているときは、かぶれや痒みが起こることも。
糖尿病、妊娠中に抗生物質を摂取している方などにも、性器(陰部)にかゆみが起こりやすいので注意してください。
ホルモンバランスが乱れやすい更年期や、身体が暖まったときに痒みが起きることがあります。
健康であっても誰にでも常在菌はありますが、疲労・ストレス、風邪などによって増える可能性は充分にあると言われており、おりもの・かゆみなどの症状が起こります。
おりものの状態が普段と異なり、ポロポロしたものが出ていたら「膣カンジタ」に感染しているかもしれません。
出来るだけ性器を清潔にしておくことを心がけてください。
痒みが続くようであれば、早い段階で産婦人科で診察してもらいましょう。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP