トップページ > 広島風俗特集記事 > 事後でも妊娠は防げる!アフターピル

事後でも妊娠は防げる!アフターピル

風俗店で働くにあたって最も注意しなければならないのは、自分の身体です。
体調不良、月経周期、寝不足、食生活…。その中でも「妊娠」が心配だという女性の声が最も多く寄せられます。
風俗といえば「本番行為がある」というイメージが強い方は少なくないかもしれません。
しかしすべての業種に本番行為はあるわけではなく、本番行為がある業種は「ソープ」のみになります。
最も稼げる業種のソープですが、避妊対策は徹底する必要があります。

アフターピルは必需品

コンドームをつけずにプレイをするNS(ノースキン)サービスをするのであれば、ピルは必需品。
そこでおすすめしたいのは、アフターピル。アフターピルとは、避妊ができなかった際に妊娠を避けるための緊急避妊薬です。
「コンドームをつけていたのに破れてしまっていた」
「誤って外れてしまった」
「無理矢理中に出されてしまった…」
など、NSサービスでなくてもさまざまな理由で膣に直接出してしまうことも。
このような時にもアフターケアとして処置できるのがアフターピルなのです。

アフターピルはどうやって使うの?

アフターピルは、性交後72時間以内に産婦人科などの専門医で処方されます。
着床をさせないためにもこの子宮内膜を無理やりはがす必要があるので、通常のピルよりも多量の女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が入ったアフターピルによって生理と同じ状況が引き起こします。
一般的にはアフターピルを服用後、3日~3週間以内に出血が始まります。
この期間には個人差がありますがだいたい1週間以内に出血が起こる人が多いようです。
出血量は排卵日によって異なります。 排卵日の直後だと出血量は少なく、排卵日から日数が経過していれば普段の生理と同じくらいの出血があります。もし、3週間が経過しても出血がなければ市販の妊娠検査薬か、病院で妊娠検査するようにしてください。

医療機関で処方してもらいましょう

ただし気を付けたいのは、保険適応外であること。保険が適応されるわけではありません。
そのため、約1万円〜2万円ほどの医療費を自己負担することになりますが、簡単な問診表を書いた後はピルの説明書を読むだけなど、比較的短時間で簡単に処方してもらえます。
病院によって価格が異なるので、事前に調べてから病院を訪れるようにしてください。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP